fc2ブログ

ダート三歳女王決定戦 ~第51回関東オークス~

若松です。5月12日ののじぎく賞に続いて、グランダムジャパン2015三歳シーズンの最終戦第51回関東オークス(川崎・D2100m)の模様をお届けします。
0_出走馬

すでに優勝争いは1位の兵庫トーコーヴィーナスと2位の岩手ホレミンサイヤに絞られていましたが、その2頭がそろって参戦。
またJRAから前走NHKマイルカップ2着のアルビアーノ、兵庫CS3着ポムフィリア、前走端午ステークス優勝のホワイトフーガ、ダート2勝のスキースクールの4頭が出走。
他地区高知からル・プランタン賞2着のプリンセスボーラー、南関東からスターオブハピネス、ジェットシティ(船橋)、絶好調小久保厩舎(浦和)からヴィグシュテラウス、トーセンマリオンの2頭。
川崎からユメハオオキク、大井からサブノハッピーの計13頭が出走しました。

■スターオブハピネス、スキースクール、ジェットシティ、ヴィグシュテラウス
1_スターオブハピネス 2_スキースクール 3_ジェットシティ 4_ヴィグシュテラウス

■アルビアーノ、トーコーヴィーナス、ホレミンサイヤ、ポムフィリア
5_アルビアーノ 6_トーコーヴィーナス 7_ホレミンサイヤ 8_ポムフィリア

■トーセンマリオン、ユメハオオキク、サブノハッピー、ホワイトフーガ
9_トーセンマリオン 10_ユメハオオキク 11_サブノハッピー 12_ホワイトフーガ

■プリンセスボーラー
13_プリンセスボーラー

スタート後、いつも通りハナに立とうとするトーコーヴィーナスを勢いよく飛び出したホレミンサイヤが追い抜き先頭を主張。
内からヴィグシュテラウスがすっと2番手に。1番人気のアルビアーノはトーコーヴィーナスの後ろで。少し離れた6番手に
ホワイトフーガでペースが落ち着き正面スタンド前へ。
ペースよく内にホレミンサイヤ。最内にヴィグシュテラウス、その横にトーコーヴィーナス、アルビアーノ。それを見る形で大外にホワイトフーガで1ゴール前。
■1周目ゴール前
1周目ゴール前

ゴール前過ぎるとペースアップ。ホワイトフーガが大外から先頭に並びかける形一気に先頭へ。2番手はトーコーヴィーナス、アルビアーノという形。
向こう正面ではドンドンペースアップするホワイトフーガ。4コーナー回ってからは2番手に大差をつけてそのままゴール。
■最後の直線
最後の直線
■ゴール板前
ゴール前1
■ゴール
ゴール前2

2着は、中団から徐々に伸びたポムフィリア。3着は同じく中団後方から追い込んだポムフィリアでした。1番人気のアルビアーノは、5着でした。
■口取り
口取り1 口取り2

優勝したホワイトフーガ(大野拓弥騎手)は、ダートで3戦2勝後、フラワーカップはで16着の最下位で、伏竜ステークス7着後端午ステークスで勝利。関東オークスは大差での重賞初制覇で、
8馬身差勝利のユキチャンが記録した最大着差を更新した。今後もダート路線を進む予定とのこと。
■表彰式
表彰式
■大野拓弥騎手
大野拓弥騎手
■カツマルくん、川崎競馬場イメージキャラクター谷桃子さんと記念写真
20150610-1.jpg
■ファンと握手する大野拓弥騎手
大野拓弥騎手2

またこのレースで、トーコーヴィーナスが7着、ホレミンサイヤが13着でトーコーヴィーナスのグランダムジャパン2015三歳シーズン総合優勝が決定。
昨年のトーコーニーケに続いてトーコー軍団・吉行調教師が連覇を達成しました。
■トーコーヴィーナス(のじぎく賞優勝時)
ゴール


★ホワイトフーガ 牝馬3歳 父;クロフネ 母:マリーンウィナー
 梅田牧場生産(浦河町) 馬主:西森鶴 調教師:高木登(JRA)
 通算成績:7戦4勝
ゴール後

トーコー軍団二年連続3歳女王に王手 ~第53回のじぎく賞~

若松です。グランダムジャパン2015 3歳シーズンも残すところ、6月10日に川崎競馬場で行われる第51回関東オークス(JpnII・D2100m)だけとなりました。
すでに5月12日にのじぎく賞を優勝したトーコーヴィーナス(牝馬3歳・兵庫)が29ポイントを獲得し、2位のホレミンサイヤ(牝馬3歳・愛知)に14ポイント差をつけています。昨年のトーコーニーケに続き、2年連続での女王の座がかなり近づいていますが、今回はそののじぎく賞(園田・D1700m)を少しお届けできればと思います。

■2014年のじぎく賞(トーコーニーケ)
2014_05_15_のじぎく賞1

■他地区からの出走馬

フェードロワ(笠松)
フェードロワ

プリンセスボーラー(高知)
プリンセスボーラー

ハッピーリーベ(船橋)
ハッピーリーベ

ワールドウェーブ(笠松)
ワールドウェーブ

プリンセスプラン(高知)
プリンセスプラン

スタート後、大外12番枠ながらも果敢にハナを奪ったトーコーヴィーナスがレースを引っ張る形に。
続いてジョーショーエガオとハッピーリーベ、プリンセスボーラー、ドラマクイーンが続く形でゆったりとした流れに。
■1周目ゴール前
1周目ゴール前


向こう正面で徐々にスピードアップ。他馬が仕掛けるもヴィーナスは楽な手応えで4コーナーへ。
■最後の直線
最後の直線

執拗にフェードロワが食らいつくが、直線入っても手応えの差はあきらか。
ゴール手前では少し緩める場面も。2着はフェードロワ。

■ゴール前
ゴール前


トーコーヴィーナスは、重賞6勝目で地元では1月の園田クイーンセレクション以来の出走でした。今後は地元兵庫ダービーとの両睨みとのこと。

★トーコーヴィーナス 牝馬3歳 父:クロフネ 母:ホーネットピアス
 坂東牧場生産(日高町) 馬主:森田藤治 調教師:吉行龍穂(園田)
 通算成績:13戦10勝 
ゴール

クロスクリーガー完全勝利 ~第16回兵庫チャンピオンシップ~

若松です。今回は、5月6日に行われたダートグレードレースの第16回兵庫チャンピオンシップ(JpnII・園田競馬場・ダート1870m)をお届けします。

■優勝馬:クロスクリーガー
h_ゴール後

兵庫チャンピオンシップは、兵庫県競馬でおこなわれる3つのダートグレード競走(兵庫チャンピオンシップ、兵庫ジュニアグランプリ、兵庫ゴールドトロフィー)の中でも一番格上のJpnIIで3歳限定のレースです。
最近では、2013年の優勝馬のコパノリッキーが、フェブラリーステークスやJBCクラシックを優勝するなど、また日本ダービーや他地区のダービーへの出走馬が増えて注目度が増しているレースになっています。
(昨年の兵庫チャンピオンシップは、こちらで。)

今年は、JRAから5頭が出走。伏竜ステークス優勝馬のクロスクリーガーを筆頭に、同レース2着のリアファルやポムフィリア、タンジブル、ノーブルヴィーナスが出走。
また他地区からは、笠松のワールドウェーブ、アウトドライブと高知からリワードヘヴンが出走し、
地元は、オオエライジンに続いて無敗のダービー馬を目指すインディウムや前走の菊水賞2着のコパノジョージ、アウトドライブ、、マキシマムカイザー、レオベストが出走しました。

■出走馬(馬番順)
・ポムフィリア、アウトドライブ、リアファル、ワールドウェーブ
1_ポムフィリア 2_アウトドライブ 3_リアファル 4_ワールドウェーブ

・マキシマムカイザー、インディウム、タンジブル、レオベスト
5_マキシマムカイザー 6_インディウム 7_タンジブル 8_レオベスト

・ノーブルヴィーナス、コパノジョージ、リワードヘヴン、クロスクリーガー
9_ノーブルヴィーナス 10_コパノジョージ 11_リワードヘヴン 12_クロスクリーガー

スタート後、ガンガン押しながら先手を取ろうとするリアファル、マキシマムカイザーの外からすっ-と上がった岩田騎手騎乗のクロスクリーガーがハナへ。
■スタート
a_スタート1

この3頭が引っ張る形で少し離れたところにコパノジョージとインディウム。縦長で4コーナーからスタンド前へ。
スタンド前からは先頭を走るクロスクリーガーをぴったりマークしたリアファルの2頭が後続をドンドン引き離しながら向こう正面で。
■スタンド前
c_一周目 d_1周目_インディウム

向こう正面で、マキシマムカイザーが手応え怪しく後方へ。その横から先に仕掛けたコパノジョージが、3番手へ。それに続いて行こうとするインディウム。

それに対して前を行く先頭のクロスクリーガーは、4角手前まで持ったまま。4角で仕掛けると2番手のリアファルを一気に突き放して独走態勢へ。
■最終コーナー
e_最終コーナー

差は縮まらず、2番手に9馬身差をつけてゴール。2着にはリアファル、3着には直線でコパノジョージを捉えたポムフィリア。コパノジョージは4着。インディウムは5着でした。
■ゴール前
f_ゴール前1 g_ゴール前2

スタートからゴールまで先頭を走り、圧倒的な強さを見せつけて優勝したクロスクリーガーは、重賞初勝利(地方競馬場初勝利)。また父はアドマイヤオーラーで、産駒初の重賞勝利でした。
■口取り
i_口取り

■表彰式
j_表彰式1 k_岩田騎手 l_表彰式2


★クロスクリーガー 牡馬3歳 父:アドマイヤオーラ 母:ビッグクィーン
 北星村田牧場生産(新冠町) 馬主:辻高史 調教師:庄野 靖志(JRA)
 通算成績6戦4勝
h_ゴール後

リワードレブロン連覇達成! ~第24回オグリキャップ記念~

若松です。今回は4月30日に笠松競馬場で行われた、地方交流重賞競走第24回オグリキャップ記念(SPⅠ)を
お届けします。

オグリキャップ記念は、笠松競馬場で行われる最長距離2500mの重賞レースで、東海地区グレード最高峰のSPIのレースです。
詳しくは、<昨年の記事>をご覧ください。

今年は、他地区高知から昨年優勝馬のリワードレブロン、兵庫から3月5日の六甲盃(兵庫重賞・園田D2400m)で3
着のブルースイショウ、金沢から2014,2013年2着で2012年優勝馬のジャングルスマイル、岩手から12月の北上川大賞典(D2400m)でナムラタイタンの2着に入ったモズ、大井から9月に東京記念(D2400m)を勝ったユーロビートが出走。

また愛知から昨年と今年1月に笠松の重賞を4勝(4戦4勝)した、笠松巧者のノゾミダイヤ、六甲盃で2着のビービーガザリアス、地元笠松からドリームカトラス、バンダムミュートス、エスケイティアラの計10頭が出走しました。

■出走馬(馬番順)
1_エスケイティアラ 2_ユーロビート 3_ドリームカトラス 4_ジャングルスマイル
5_モズ 6_バンダムミュートス 7_ブルースイショウ 8_ノゾミダイヤ
9_リワードレブロン 10_ビービーガザリアス

■スタート
a_スタート

レースは、岩手のモズが引っ張る形で、1番人気のノゾミダイヤ、2番人気のユーロビート、ビービーガザリアスが前へ。
■1周目
b_1周目 c_1周目ゴール前

3番人気のジャングルスマイルと昨年優勝馬のリワードレブロンが中団。最後方からブルースイショウとバンダムミュートスが続く形で2周目の4コーナーから直線へ。直線もゆったりした流れで、順序も変わらず向こう正面へ。
■2周目
d_2周目 e_2周目ゴール前

向こうで中団にいたリワードレブロンが一気にペースアップし、先頭へ。
つられてノゾミダイヤ、ブルースイショウもペースアップ、3コーナー手前ではノゾミダイヤが抵抗を見せて先頭へ。
3~4コーナーで一息入れたリワードレブロンが、直線内粘るノゾミダイヤを一気に突き放してオグリキャップ記念優勝。
3コーナーから、ブルースイショウと一緒にじわじわ伸びてきたビービーガザリアスが、クビ差しのいで2着。ブルースイショウが3着。人気のノゾミダイヤは4着でした。
■最後の直線~ゴール
g_最後の直線2
h_ゴール

勝ったリワードレブロンは、昨年に続いて、オグリキャップ記念連覇。連覇は2010,2011年のヒシウォーシィ以来。
k_口取り j_リワードレブロン2 l_表彰式
m_永森騎手

★リワードレブロン 牡馬7歳 父:タニノギムレット 母:リワードオーカン
 有限会社リワード生産(浦河町) 馬主:宮崎忠比古 調教師:雑賀正光(高知)
 通算成績:69戦21勝
i_リワードレブロン

グランダムジャパン2015開幕 ~第12回若草賞~

若松です。

今回は、3月22日に行われたグランダムジャパン2015 三歳シーズンの開幕戦「第12回若草賞(D1400m)」をお届けします。
若草賞は、昨年から名古屋競馬場で行われる3最牝馬の全国交流重賞競走(東海グレードSP1)競走で、昨年はトーコーニーケが優勝しているレースです。

■若草賞優勝レイ
20150324-1.jpg

今年は他地区からは、佐賀のユズチャン、南関川崎からシナノラヴリー、ラブディーバの2頭、兵庫からキクノレヨンが出走。地元からグランダムジャパン2014二歳シーズンチャンピオンにジュエルクイーン、前走全国交流のスプリングカップを優勝したハナノパレードら6頭の計10頭が出走しレースが行われました。

■パドック(馬番順)
1_ユズチャン 2_ハナノパレード 3_シナノラヴリー 4_オトメローズ
5_ラブディーバ 6_ホウライショコラ 7_メモリードルマン 8_ジュエルクイーン2
9_キクノレヨン 10_プリンセスボーラー

■シナノラブリー、ラブディーバ(川崎2頭・返し馬)
3_シナノラヴリー返し馬 5_ラブディーバ返し馬

スタート後ハナノパレードが先頭に立つと、ジュエルクイーン、キクノレヨン、プリンセスボーラーが2番手。その後にオトメローズが
続いて、3番人気のユズチャンは後方。

■スタート後
スタート後

■1周目ゴール前
1周目ゴール前

向こう正面から3コーナー手前でペースアップ。逃げるハナノパレードが、ジュエルクイーンを離そうとするも徐々に差を詰め最後の直線へ。
直線中盤ジュエルクイーンが、ハナノパレードを捉え一気に抜け出し優勝。2着はハナノパレード、3着は直線追い込んできたメモリードルマンでした。

■ゴール前
ゴール前
ゴール

■表彰式、岡部誠騎手
ジュエルクイーン口取り 表彰式 岡部誠騎手

グランダムジャパン2014二歳シーズンのチャンピオンが、2015の開幕戦を勝利で飾り、ラブミーチャン記念、ゴールドジュニアに続く重賞三勝目。重め残りでも快勝と、今年もグランダムを盛り上げてくれてそうです。

★ジュエルクイーン 牝馬3歳 父:キンシャサノキセキ 母:プラチナローズ
 明治牧場生産(新ひだか町) 馬主:杉山忠国 調教師:川西毅(愛知)
 通算成績:13戦4勝(重賞3勝・2015ゴールドジュニア、ラブミーチャン記念)
ゴール後(ジュエルクイーン2)
プロフィール

チーム南関

Author:チーム南関
中川明美(競馬ブック記者)
辻井光多郎(日刊競馬記者)
小川慎介(フォトグラファー)
若松亮太(フォトグラファー)
山田環(ライター)

”チーム南関”が南関競馬の裏のウラまで?!話題を探して奔走します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR