スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~伝統の真夏のハンデ重賞~  園田・第45回摂津盃

小川です。お盆休みの地方競馬は、各競馬場で様々な重賞が行なわれました。みなさんはどこかの競馬場で観戦されましたか?今回は、この時期の園田競馬の名物重賞、摂津盃を取り上げます。

 摂津盃は、真夏の園田競馬ではすっかりおなじみのハンデ戦による重賞。1969年に創設され、今年で45回目を迎えます。2002年まではアラブ系の重賞でしたが、2003年からはサラ・アラの混合戦となり、2005年からはサラブレッドの重賞と行なわれるようになり、現在に至っています。過去の優勝馬には、71kgのハンデを背負って初代優勝馬となったタガミホマレ、68kgの斤量を背負って勝利したタイムライン、牝馬ながら3年連続で優勝したフェイトスター、そのほかでは、ニホンカイユーノス、ケイエスヨシゼンなど、アラブの怪物と呼ばれた名前がズラリと並んでいます。また、サラブレッドの優勝馬としては、グレートステージ、モエレトレジャー、アルドラゴンなど、近年、兵庫を代表する活躍馬たちがその名を連ねています。

 昨年は9月に開幕した「そのだ金曜ナイター」のこけら落としとして行なわれた摂津盃でしたが、今年は例年通りの時期に戻っての実施。昨年同様、ナイター競馬での実施となりました。フルゲートの12頭で行なわれた今年の摂津盃。出走馬のハンデ差は、53kg ~ 58kgと5kg差。昨年の優勝馬エーシンアガペーや、オオエライジンと同世代でこれまで重賞4勝を挙げているホクセツサンデー、転入後、1、2着で駒を進めたシルクダイナスティなどが出走して争われました。

  摂津盃:エーシンアガペー 昨年の覇者、エーシンアガペーはハンデ56.5kg

  摂津盃:ホクセツサンデー トップハンデ58.0kgを背負うホクセツサンデー

 スタートして、クーゲルブリッツがハナを奪う展開でレースは進み、ホクセツサンデーは2番手追走。シルクダイナスティが続き、昨年の覇者エーシンアガペーは中団から。

  摂津盃:レース 1 摂津盃:レース 2 1周目のゴール前

 2周目の向正面に入ると、逃げたクーゲルブリッツをホクセツサンデーが楽に交わし先頭に立ち、シルクダイナスティが追う展開に。1番人気のエーシンアガペーも3番手に押し上げるものの、前を行く2頭とは大きく離され最後の直線に。直線に入ると前を行く2頭の一騎打ちとなりますが、逃げ込みを図るホクセツサンデーがシルクダイナスティの追撃を交わし、クビ差で優勝。重賞5勝目を飾りました。昨年の覇者で1番人気のエーシンアガペーは、+14kgの馬体重の影響してか、5着という結果に終わりました。

  摂津盃:レース 3 直線は2頭の一騎打ちに

  摂津盃:レース 4 ホクセツサンデーがクビ差で勝利

  摂津盃:レース 5 山崎雅由騎手は重賞初騎乗で惜しくも2着

   第45回摂津盃 結果

  摂津盃:口取り ホクセツサンデーは5つ目の重賞タイトル

 管理する田中範雄調教師は、2009年、2010年のアルドラゴンに続き、摂津盃は3勝目。永島太郎騎手も、2000年のシャインマンリー、2008年のモエレトレジャーに続き、摂津盃は3勝目となりました。

  摂津盃:表彰式 永島太郎騎手 永島太郎騎手

 表彰式では、ちっちゃいおっさん & おばさん夫妻、SKNフラッシュ8も登場し、賑やかな表彰式となりました。司会は、実況も担当した吉田勝彦アナウンサー。

  摂津盃:表彰式 2 摂津盃:表彰式 1 表彰式の様子

 ホクセツサンデーの次走は、連覇をかけて、10月9日の園田・姫山菊花賞の予定。近走は人気になりながらも勝ちきれなかった同馬。この勝利を機に、今後に弾みをつけてほしいですね。
スポンサーサイト

2年目を迎えた「そのだ金曜ナイター」

小川です。「南関情報局」で、馬に関するいろいろなことを取り上げていきたいと思います。よろしくお願い致します。

 昨年9月からスタートした「そのだ金曜ナイター」(通称:そのきん)。西日本では、高知の「夜さ恋ナイター」に続いて2場目。全国でも、大井、川崎、ホッカイドウ競馬に続いて、5場目となります。今年で2年目を迎えるそのだ金曜ナイターですが、今年は4月5日から開催週の金曜日に行なわれています。昼間開催とはガラリと趣が変わる「そのきん」を、写真で紹介します。

  そのきん 1_1_1 ナイター開催時の入場門

 入場門を入ると…、電飾されたスタンドがお客様をお出迎え。

  そのきん 4_1 そのきん 5_1 そのきん 7_1

 総合案内所や休憩スペース、通路にイベントブースも細かく電飾されています。木々に施された電飾は、まるでクリスマスツリーのよう。

  そのきん 2_1 そのきん 8_1 そのきん 9_1
  そのきん 3_1 入場門からスタンドへの通路

 パドックも証明と電飾が施され、ガラリ一変。南関東のナイター開催でのパドックとはまた違った雰囲気で馬をチェックすることができます。

  そのきん 10_1 パドック全景

  そのきん 11_1 禁煙エリアも設置されています

  そのきん 12_1 間近で見ると明るいです

 コースとスタンドの風景はこちら。それぞれの手に、ビールとおつまみを持って観戦!という光景がピッタリ似合いそうですね。。「会社帰りに、はなきんをそのきんで楽しむ。」という楽しみ方もできます。

  そのきん 13_1 スタンドとコースの様子

 レースも、昼間開催とナイター開催では、見た感じがガラリと変わります。ナイター競馬を見たことがない人にとっては、新鮮に映るのではないでしょうか?

  レース 1_1 レース 2_1 昼間開催でのレース

  レース 3_1 レース 4_1 ナイター開催でのレース

 今年の、そのだ金曜ナイターの開催は11月8日まで。開催週の金曜日がナイター開催になります。水曜日と木曜日は昼間開催ですので、ご注意ください。8月16日には、伝統の真夏のハンデ重賞、第45回摂津盃が行なわれます。連日、酷暑ともいえる暑い日が続きますが、昼間開催とは違った魅力の「そのきん」に、みなさんもぜひ足を運ばれてみてはいかがでしょうか? 
プロフィール

チーム南関

Author:チーム南関
中川明美(競馬ブック記者)
辻井光多郎(日刊競馬記者)
小川慎介(フォトグラファー)
若松亮太(フォトグラファー)
山田環(ライター)

”チーム南関”が南関競馬の裏のウラまで?!話題を探して奔走します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。