FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~上がり馬 vs 実績馬 軍配はどちらに?~ 浦和・第52回ゴールドカップ(SⅢ)

小川です。今回は、先日、浦和競馬場で行われた、第52回ゴールドカップ(SⅢ)を取り上げます。

 もともとはサラブレッド系4歳馬(現、3歳馬)による2000m戦のハンデ重賞として1957年に創設されたゴールドカップ。2002年~2007年に休止されますが、2008年にサラブレッド系4歳以上の1500mの別定戦としてリニューアル。2008年からは、6月下旬~7月上旬に施行されていましたが、2011年にオーバルスプリントが9月に移行したのに伴い、施行時期を12月に移行、現在に至っています。

 現在の条件になってからの優勝馬は、下記の通りとなっています。

  第46回  2008年7月2日 チェレブラーレ[大井]
  第47回  2009年7月1日 ノースダンデー[船橋]
  第48回  2010年6月23日 ボランタス[川崎]
  第49回  2011年12月23日 ナイキマドリード[船橋]
  第50回  2012年12月12日 ナイキマドリード[船橋]
  第51回  2013年12月11日 ジョーメテオ[浦和]

 今年は、トライアルのまがたま賞を制し、5連勝の勢いに乗って重賞制覇を狙う上がり馬のリアライズリンクスに対し、セイントメモリー、ナイキマドリードらの古豪の実績馬に、昨年の東京ダービー馬インサイドザパーク、ジェネラルグラント、ソルテ、トラバージョ、ハードデイズナイトといった3歳時に重賞戦線で活躍した4歳勢も加えて、フルゲートでの争いとなりました。

  ①ケイアイヘルメス 1_1 ①ケイアイヘルメス
  ②セイントメモリー 1_1_1 ②セイントメモリー
  ③デュアルスウォード 1_1 ③デュアルスウォード
  ④リアライズリンクス 1_1 ④リアライズリンクス
  ⑤ジェネラルグラント 1_1_1 ⑤ジェネラルグラント
  ⑥ソルテ 1_1 ⑥ソルテ
  ⑦トラバージョ 1_1 ⑦トラバージョ
  ⑧ミラーコロ 3_1 ⑧ミラーコロ
  ⑨サトノデートナ 1_1 ⑨サトノデートナ
  ⑩ハードデイズナイト 2_1 ⑩ハードデイズナイト
  ⑪インサイドザパーク 2_1 ⑪インサイドザパーク
  ⑫ナイキマドリード 1_1 ⑫ナイキマドリード

 圧倒的1番人気の支持を集めたのは、5連勝中の上がり馬リアライズリンクス。古豪セイントメモリーが2番人気と続き、重賞で惜敗続きのソルテが3番人気、先月のインタラクションカップを制したサトノデートナが4番人気と、それぞれ支持を集めました。

 スタートしての先行ポジション争いを制したのは、1番人気のリアライズリンクス。ソルテ、セイントメモリー、ナイキマドリード、ジェネラルグラントがこれに続きます。

  レース 1_1 レース 2_1 1周目のゴール前での先行争い

 向正面に入ってからも、快調に逃げるリアライズリンクス。ソルテがマークして続きますが、ナイキマドリードは向正面で脱落。セイントメモリーも、3コーナーでスルズル後方に下がってしまい、リアライズリンクスとソルテのマッチレースの様相で直線に入ります。直線でリアライズリンクスに迫ろうとするソルテですが、逃げ粘るリアライズリンクスにアタマ差まで詰め寄ったものの、最後はリアライズリンクスが辛くも逃げ切り。6連勝で、うれしい重賞初制覇となりました。

  レース 3_2_1 浦和・第52回ゴールドカップ(SⅢ) 結果

 先月の兵庫ジュニアグランプリ、笠松グランプリと、各地の重賞で快進撃を続ける、浦和競馬の小久保智厩舎。ゴールドカップは、昨年のジョーメテオに続いての連覇となりました。

  口取り 3_1 口取り 1_1 表彰式 2_1

 鞍上の左海誠二騎手は、2009年のノースダンデーに続き、ゴールドカップは2勝目。「最後は脚は上がったが、逃げてこそのこの馬の持ち味を生かす競馬をした。」と、勝利ジョッキーインタビューで語っていました。

  表彰式:左海誠二騎手 2_1 左海 誠二 騎手

 今、勢いに乗っている小久保智厩舎。JBCスプリント2着のサトノタイガーは、中山競馬場で行われたカペラステークスに遠征し2着と健闘。兵庫ジュニアグランプリを制したジャジャウマナラシは暮れの中山のホープフルステークスに、笠松グランプリを制したジョーメテオは兵庫ゴールドトロフィーに、それぞれ遠征が予定されています。昨年の南関東リーディングトレーナーの快進撃はまだまだ続きそうなだけに、管理馬の動向も注目したいところです。
スポンサーサイト
プロフィール

チーム南関

Author:チーム南関
中川明美(競馬ブック記者)
辻井光多郎(日刊競馬記者)
小川慎介(フォトグラファー)
若松亮太(フォトグラファー)
山田環(ライター)

”チーム南関”が南関競馬の裏のウラまで?!話題を探して奔走します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。