FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ 早田功駿騎手、うれしい重賞初制覇! ~ 大井・第5回優駿スプリント(SⅡ)

小川です。梅雨もまっただ中ですが、上半期のビッグレースの帝王賞が行われた今開催の大井競馬。今回は、帝王賞の前日に行われた、「優駿スプリント」について、取り上げます。

 優駿スプリントは2011年に創設された歴史の浅い重賞で、今年が5回目。3歳馬による1200m戦で実施される重賞で、昨年まではSⅢでしたが、今年からSⅡに格上げされました。1着馬には、7月に船橋競馬場で行われる、「習志野きらっとスプリント(SⅢ)」の優先出走権が、また、2着馬までには、8月に行われる「アフター5スター賞(SⅢ)」の優先出走権が与えられます。過去4回の優勝馬は、下記の通りです。

  2011.6.29 第1回 ミヤサンキューティ[大井]
  2012.6.29 第2回 ゴールドキャヴィア[船橋]
  2013.6.25 第3回 ハードデイズナイト[川崎]
  2014.6.24 第4回 アピア[大井]

 6月1日に行われた優駿スプリントトライアルの2着馬までは優先出走権が与えられており、トライアルの上位馬と巻き返し組、クラシック戦線から参戦の馬と様々な路線からフルゲートの16頭が集まった、今年の優駿スプリント。

  レース 3_1 優駿スプリントトライアルを制した、アクティフ

 1番人気は、優駿スプリントトライアルで期待を裏切った、ルックスザットキル。2番人気には、トライアルを制したアクティフが支持を集め、3番人気には、一貫して短距離を使われてきた船橋のラガッソ、4番人気にトライアル2着馬のゴーノムラダイオー、5番人気に昨年のNAR最優秀2歳馬のジャジャウマナラシという順で支持が集まりました。

  ①ハーモニーウィル 2_1_1 ①ハーモニーウィル
  ②アヴァンシア_1 ②アヴァンシア
  ③メガンテ_1 ③メガンテ
  ④ゴーノムラダイオー_1 ④ゴーノムラダイオー
  ⑤ルックスザットキル_1 ⑤ルックスザットキル
  ⑥モリデンシーザー 4_1 ⑥モリデンシーザー
  ⑦コンドルダンス 2_1 ⑦コンドルダンス
  ⑧アクティフ 2_1 ⑧アクティフ
  ⑨カリエン_1 ⑨カリエン
  ⑩コールサインゼロ_1 ⑩コールサインゼロ
  ⑪キモンダッシュ 1_1 ⑪キモンダッシュ
  ⑫ラガッソ 1_1 ⑫ラガッソ
  ⑬コスモグリズリー 2_1 ⑬コスモグリズリー
  ⑭フィールドスラッピ_1 ⑭フィールドスラッピ
  ⑮ジャジャウマナラシ 3_1 ⑮ジャジャウマナラシ
  ⑯エイシンアクロン 1_1 ⑯エイシンアクロン

 スタートは、コンドルダンスが出遅れてしまい後方からの競馬。先行争いは、ルックスザットキル、アクティフの人気馬に加え、エイシンアクロンとコールサインゼロ、ハーモニーウィルらもこれに続きますが、ルックスザットキルがハナに立ち、レースは進みます。

 4コーナーから直線に入る頃には、ルックスザットキル、アクティフ、コールサインゼロの争いとなりますが、ルックスザットキルが徐々に後続との差を広げにかかります。コールサインゼロはいっぱいとなり、これにアクティフが迫ろうとしますが、その差は離れていくいっぽう。最後はリードを広げたルックスザットキルが3馬身で逃げ切り、人馬ともうれしい初重賞制覇。トライアルで敗れた雪辱を果たしました。

  レース 1_1 大井 第5回優駿スプリント(SⅡ) 結果

  口取り 1_1 口取り 2_1 口取り

  表彰式:早田功駿騎手 1_1 うれしさいっぱいでインタビューに応える早田功駿騎手

  表彰式_1 表彰式:記念撮影_1 表彰式

 この日のプレゼンターは、女優、グラビアアイドルとして活躍中の橋本マナミさん。予想ステージでは、◎にルックスザットキルを推奨し、予想した馬単3点が的中しました。

  表彰式:橋本マナミさん 1_1 橋本マナミさん

  表彰式:記念撮影 2_1 最後は早田騎手と記念撮影

 これで、「習志野きらっとスプリント」の優先出走権を獲得したルックスザットキル。早田騎手も今開催で100勝達成と、人馬とも勢いがあるだけに、古馬と初対決となる次走も注目したいところです。

ルックスザットキル[牡3] 大井・中村 護 厩舎

 父:Wildcat Heir 母:Carol’s Amore(母の父:Two Punch)
 生産者:Carol Maggio(アメリカ)
 馬主:田記 正規 氏
 通算成績:10戦6勝(2015年6月23日現在)
 重賞勝ち鞍:2015年 大井・優駿スプリント(SⅡ)
スポンサーサイト

~ ハートビートナイター開幕!! 船橋初のナイター重賞 ~ 船橋・第17回京成盃グランドマイラーズ(SⅢ)

小川です。6月15日に、南関東で3場目、全国では7場目となるナイター開催となる、「ハートビートナイター」が幕を開けた船橋競馬。今回は、ナイター開催で始めての重賞レースとなった、「京成盃グランドマイラーズ」を取り上げます。

 もともとは、「グランドマイラーズ」と「京成盃」の2つの準重賞があった船橋競馬。2つの準重賞を統合し、1997年に1つとなり、「京成盃グランドマイラーズ」として、距離1600mの重賞として新たに生まれ変わりました。第1回の優勝馬はキクノウィン。故・秋田実騎手が手綱を取り、初代優勝馬へと導きました。

 2006年のみ、距離1000mの地方競馬全国交流戦として、「京成盃スカイライナースプリント(SⅢ)」として行われましたが、翌年からは再び現在の条件に戻り、現在に至っています。

 過去16回の優勝馬は、船橋所属馬が14勝で圧倒的な成績を収め、そのほかでは、大井所属馬と川崎所属馬が1勝ずつを挙げています。主な優勝馬は、サプライズパワー、アローセプテンバー、ネームヴァリュー、エスプリシーズ、ナイキアディライト、セレン、マグニフィカなどがいます。調教師では、故・川島正行調教師が5勝、出川克己調教師が4勝を挙げています。

 今年はフルゲートの14頭立て、うち重賞勝ち馬は9頭という豪華メンバーが揃いましたが、インペリアルマーチが競走除外となったため、13頭立てで行われました。昨年の優勝馬トーセンアドミラルは、連覇をかけて臨みます。

  ①キスミープリンス 2_1_1 ①キスミープリンス
  ②セイントメモリー 2_1_1 ②セイントメモリー
  ③インサイドザパーク 2_1 ③インサイドザパーク
  ④グランディオーソ 2_1 ④グランディオーソ
  ⑤サンディエゴシチー 2_1 ⑤サンディエゴシチー
  ⑥トーセンアドミラル 2_1 ⑥トーセンアドミラル
  ⑦アイディンパワー_1 ⑦アイディンパワー
  ⑧ジェネラルグラント_1 ⑧ジェネラルグラント
  ⑨ノットオーソリティ 2_1 ⑨ノットオーソリティ
  ⑩ソルテ 2_1 ⑩ソルテ
  ⑪ポイントプラス_1 ⑪ポイントプラス
  ⑫サトノタイガー 2_1 ⑫サトノタイガー
  ⑭バトードール_1
 ⑭バトードール

 1番人気は、前走の川崎マイラーズを5馬身差で制したソルテ、2番人気以降は、セイントメモリー、グランディオーソ、バトードールと続き、5番人気のノットオーソリティまでが10倍以下というオッズで、レースを迎えました。

 セイントメモリーが抜群のスタートを切るも、押してハナに立ったのは、参戦中唯一の牝馬ノットオーソリティ。ソレテがそれをピタリとマークする形で2番手を追走し、セイントメモリーは3番手。サトノタイガーもこれに続き、1コーナーへと入ります。

  レース 1_1 ハナに立つノットオーソリティ

 向正面に盃っても逃げるノットオーソリティですが、ソルテにピタリとマークされ、その差は開かず。3コーナーに入り、ソルテがノットオーソリティに並びかけると、先頭で直線へ。追走していたセイントメモリーはここで後退し早々と脱落。サトノタイガーとトーセンアドミラルも4コーナーでポジションを上げますが、直線に入るとソルテに突き放され、その差は開くいっぽう。終わってみれば、ソルテが川崎マイラーズの5馬身差を上回る8馬身差での優勝を飾り、重賞2連勝を飾りました。2着争いは、直線で伸びてきたグランディオーソの追撃をクビ差凌いだトーセンアドミラルが制し、2着を確保。逃げたノットオーソリティは、6着という結果に終わりました。

  レース 3_1 ⑩ソルテ 3_1 8馬身差で重賞2連勝を飾ったソルテ

  船橋 第17回京成盃グランドマイラーズ(SⅢ) 結果

  口取り 1_1_1 口取り 2_1 口取り

  表彰式 2_1 表彰式:記念撮影_1 表彰式

 南関東の重賞の表彰式でも、すっかりおなじみとなった吉原寛人騎手。これからも、表彰式で目にする機会は増えることでしょう。

  表彰式:吉原寛人騎手 1_1 吉原寛人騎手

 春先までは、重賞で惜敗続きだったソルテ。5月の川崎マイラーズを5馬身で制し臨んだ今回は、8馬身差の圧勝。ひと皮むけたソルテの今後に、これからも注目していきたいところです。

ソルテ[牡5] 大井・寺田新太郎厩舎

 父:タイムパラドックス 母:ヒノデモンテローザ(母の父:マルゼンスキー)
 生産者:下村繁正(北海道日高郡新ひだか町)
 馬主:株式会社フロンティア・キリー
 通算成績:26戦9勝(2015年6月17日現在)
 重賞勝ち鞍:2012年 大井・ハイセイコー記念(SⅡ)  2013年 浦和・ニューイヤーカップ(SⅢ)  2015年 川崎マイラーズ(SⅢ) 船橋・京成盃グランドマイラーズ(SⅢ)

最後に、船橋ハートビートナイターの様子を、簡単に写真で振り返りたいと思います。

  0P5C8849_1.jpg 0P5C8847_1.jpg 0P5C8848_1.jpg スタンド
  0P5C8861_1_1.jpg 0P5C8871_1.jpg パドック
  0P5C8882_1.jpg ゴール板もナイター仕様になりました。


~ 古豪復活Vは百万石賞4勝目の大記録 ~ 金沢・第58回百万石賞

小川です。今回は初夏の金沢競馬の伝統重賞で、古馬にとっての大一番である百万石賞を取り上げます。過去12年の百万石賞については、下記をご覧ください。

  百万石賞 2003~2008年分

  百万石賞 2009~2014年分

 今年の百万石賞は、昨年の年度代表馬ケージーキンカメこそ出走できなかったものの、史上2頭目の3連覇を狙うナムラダイキチに対し、佐藤茂厩舎4頭出しに加え、唯一の百万石賞3勝馬のジャングルスマイル、今年のオグリキャップ記念2着馬のビービーガザリアスなど、伝統の1戦にふさわしいメンバーが揃いました。

 今年の出走馬

  ①セイカアレグロ 1_1_1 ①セイカアレグロ 2_1_1 ①セイカアレグロ & 田中学騎手[兵庫]

  ②ナムラダイキチ 1_1 ②ナムラダイキチ 4_1 ②ナムラダイキチ

  ③ジャングルスマイル 1_1 ③ジャングルスマイル

  ④トウショウマナーズ_1 ④トウショウマナーズ

  ⑤ティボリハーモニー 1_1 ⑤ティボリハーモニー 2_1 ⑤ティボリハーモニー

  ⑥トウショウエディタ 1_1 ⑥トウショウエディタ 2_1 ⑥トウショウエディタ & 尾島徹騎手[笠松]

  ⑦サクラブライアンス_1 ⑦サクラブライアンス

  ⑧ロードランパート_1 ⑧ロードランパート

  ⑨エリモアラルマ_1 ⑨エリモアラルマ

  ⑩ビービーガザリアス_1 ⑩ビービーガザリアス

  ⑪キーパー_1 ⑪キーパー

  ⑫ナンディン_1 ⑫ナンディン

 1コーナーのポケットからの発走となる2300m戦。ハナを切ったのはセイカアレグロ。ジャングルスマイルがこれに続き2番手で、外からビービーガザリアスと続き、先団を形成。3連覇を狙うナムラダイキチは先行馬を見ながらの位置取りでレースを進め、ナンディンとティボリーハーモニーは中団で前を伺います。例年は比較的縦長の流れとなる百万石賞ですが、今年は馬群が一団となりレースは進み、1周目のスタンド前を通過します。

  レース 1_1 レース 2_1 1周目のスタンド前

 向正面の中ほどに入ると、ペースが上がり後続が徐々に遅れ始めます。ペースが上がると、ジャングルスマイルがセイカアレグロを交わし先頭に立ち、後続との差を広げに掛かります。人気のナムラダイキチはペースが上がったときにムチを入れるもスッと反応せず、4コーナーでようやく2番手へ押し上げます。直線に入ると、逃げるジャングスマイルとナムラダイキチの争いに絞られますが、追いかけるナムラダイキチはジャングルスマイルを脚色が同じになり、その差は詰まらず。早め先頭で押し切ったジャングルスマイルが、レコード勝ちを決めた2012年以来となる、史上初の百万石賞4勝目を飾りました。

  レース 3_1 金沢 第58回百万石賞 結果

 百万石賞4勝は、金沢競馬史上初。2012年以来となる4勝目は、2013年にナムラダイキチに大差で敗れた雪辱を果たしての勝利となりました。2010年、2011年の2度、年度代表馬に輝いたジャングルスマイルですが、百万石賞3連覇を含む通算4勝と、またひとつ、金沢競馬において大記録を打ち立てました。

  ③ジャングルスマイル_1 口取り 2_1 口取り 3_1

 百万石賞といえば、誘導馬がこの日限定のスペシャルバージョンで登場するのも、この日の特徴。今年も、鎧武者でのバージョンで、本場場誘導を行いました。

  誘導馬_1 誘導馬 スペシャルバージョン


ジャングルスマイル[牡9] 金沢・金田一昌厩舎

 父:ジャングルポケット 母:サトルスマイル(母の父:バブルガムフェロー)
 生産者:社台ファーム(北海道千歳市)
 馬主:前迫 義幸 氏
 通算成績:66戦35勝(2015年6月14日現在)
 重賞勝ち鞍:2010年 百万石賞  2011年 百万石賞 イヌワシ賞 北国王冠  2012年 笠松・オグリキャップ記念[SPⅠ] 百万石賞  2015年 百万石賞

  

ダート三歳女王決定戦 ~第51回関東オークス~

若松です。5月12日ののじぎく賞に続いて、グランダムジャパン2015三歳シーズンの最終戦第51回関東オークス(川崎・D2100m)の模様をお届けします。
0_出走馬

すでに優勝争いは1位の兵庫トーコーヴィーナスと2位の岩手ホレミンサイヤに絞られていましたが、その2頭がそろって参戦。
またJRAから前走NHKマイルカップ2着のアルビアーノ、兵庫CS3着ポムフィリア、前走端午ステークス優勝のホワイトフーガ、ダート2勝のスキースクールの4頭が出走。
他地区高知からル・プランタン賞2着のプリンセスボーラー、南関東からスターオブハピネス、ジェットシティ(船橋)、絶好調小久保厩舎(浦和)からヴィグシュテラウス、トーセンマリオンの2頭。
川崎からユメハオオキク、大井からサブノハッピーの計13頭が出走しました。

■スターオブハピネス、スキースクール、ジェットシティ、ヴィグシュテラウス
1_スターオブハピネス 2_スキースクール 3_ジェットシティ 4_ヴィグシュテラウス

■アルビアーノ、トーコーヴィーナス、ホレミンサイヤ、ポムフィリア
5_アルビアーノ 6_トーコーヴィーナス 7_ホレミンサイヤ 8_ポムフィリア

■トーセンマリオン、ユメハオオキク、サブノハッピー、ホワイトフーガ
9_トーセンマリオン 10_ユメハオオキク 11_サブノハッピー 12_ホワイトフーガ

■プリンセスボーラー
13_プリンセスボーラー

スタート後、いつも通りハナに立とうとするトーコーヴィーナスを勢いよく飛び出したホレミンサイヤが追い抜き先頭を主張。
内からヴィグシュテラウスがすっと2番手に。1番人気のアルビアーノはトーコーヴィーナスの後ろで。少し離れた6番手に
ホワイトフーガでペースが落ち着き正面スタンド前へ。
ペースよく内にホレミンサイヤ。最内にヴィグシュテラウス、その横にトーコーヴィーナス、アルビアーノ。それを見る形で大外にホワイトフーガで1ゴール前。
■1周目ゴール前
1周目ゴール前

ゴール前過ぎるとペースアップ。ホワイトフーガが大外から先頭に並びかける形一気に先頭へ。2番手はトーコーヴィーナス、アルビアーノという形。
向こう正面ではドンドンペースアップするホワイトフーガ。4コーナー回ってからは2番手に大差をつけてそのままゴール。
■最後の直線
最後の直線
■ゴール板前
ゴール前1
■ゴール
ゴール前2

2着は、中団から徐々に伸びたポムフィリア。3着は同じく中団後方から追い込んだポムフィリアでした。1番人気のアルビアーノは、5着でした。
■口取り
口取り1 口取り2

優勝したホワイトフーガ(大野拓弥騎手)は、ダートで3戦2勝後、フラワーカップはで16着の最下位で、伏竜ステークス7着後端午ステークスで勝利。関東オークスは大差での重賞初制覇で、
8馬身差勝利のユキチャンが記録した最大着差を更新した。今後もダート路線を進む予定とのこと。
■表彰式
表彰式
■大野拓弥騎手
大野拓弥騎手
■カツマルくん、川崎競馬場イメージキャラクター谷桃子さんと記念写真
20150610-1.jpg
■ファンと握手する大野拓弥騎手
大野拓弥騎手2

またこのレースで、トーコーヴィーナスが7着、ホレミンサイヤが13着でトーコーヴィーナスのグランダムジャパン2015三歳シーズン総合優勝が決定。
昨年のトーコーニーケに続いてトーコー軍団・吉行調教師が連覇を達成しました。
■トーコーヴィーナス(のじぎく賞優勝時)
ゴール


★ホワイトフーガ 牝馬3歳 父;クロフネ 母:マリーンウィナー
 梅田牧場生産(浦河町) 馬主:西森鶴 調教師:高木登(JRA)
 通算成績:7戦4勝
ゴール後

プレイバック 金沢・百万石賞 vol.2(2009年 ~ 2014年)

小川です。前回に引き続き、今回は2009年~2014年の百万石賞について振り返りたいと思います。


2009年:ノーブルシーズ(中川雅之騎手) 松野勝己厩舎

  2009 百万石賞  2009年6月21日 第52回百万石賞 結果

 昨年の3歳3冠馬で年度代表馬に輝いたノーブルシーズが1番人気。レースは、主導権を握るとそのまま2300mを逃げ切り、終わってみれば9馬身差の圧勝。2008年には3歳馬ながら、北国王冠、中日杯を制した同馬は、百万石賞も制し、白山大賞典以外の3大競走をすべて制した。2着には、古豪ビッグドンが入線した。


2010年:ジャングルスマイル(吉原寛人騎手) 金田一昌厩舎

 2010 百万石賞  2010年6月20日 第53回百万石賞 結果

 2009年の秋に金沢に転入し、10連勝で重賞初挑戦のジャングルスマイルが圧倒的な1番人気。一線級とも初顔合わせだったが、好位からレースを進め、向正面で一気にスパートして4コーナーで先頭に立つと、直線は後続を突き放すいっぽうで7馬身差の圧勝。転入から無傷の11連勝で重賞初制覇となった。吉原寛人騎手は、百万石賞は初制覇となった。ジャングルスマイルはこの年、11戦8勝の成績を収め、年度代表馬に輝いた。2着には、昨年同様、ビッグドンが入線した。

  2010年の百万石賞の記事


2011年:ジャングルスマイル(吉原寛人騎手) 金田一昌厩舎

  2011 百万石賞  2011年6月19日 第54回百万石賞 結果

 昨年の百万石賞を制し、年度代表馬に輝いたジャングルスマイルが断然の1番人気に応え、人馬ともに連覇達成。2着に2.9秒の大差をつけ、力の違いを見せ付けた。この年も、金沢では圧倒的な強さを見せ付けた同馬は、2年連続で年度代表馬に輝いた。また、昨年まで2年連続2着だったビッグドンは10着という結果で、このレースを最後に引退となった。


2012年:ジャングルスマイル(平瀬城久騎手) 金田一昌厩舎

  2012 百万石賞  2012年6月17日 第55回百万石賞 結果

 史上初の百万石賞3連覇に挑むジャングルスマイルは2番人気。昨年夏以降、急激に力をつけ、ジャングルスマイルを脅かす存在に成長したナムラダイキチが1番人気。3番人気には、南関東から復帰したタートルベイ。3強対決ムードで行われたレースは、直線で逃げるジャングルスマイルと追いかけるナムラダイキチの一騎打ちとなるが、ジャングルスマイルが渾身の逃げで影を踏ませず、2分26秒9のレコードタイムで史上初となる百万石賞3連覇を達成。前走のオグリキャップ記念[笠松]でナムラダイキチの2着に敗れた雪辱を果たした。金田一昌調教師は、同レース3連覇。


2013年:ナムラダイキチ(畑中信司騎手) 藤木一男厩舎

  2013 百万石賞  2013年6月16日 第56回百万石賞 結果

 昨年秋以降、力関係が逆転したナムラダイキチとジャングルスマイル。支持率でも、ナムラダイキチが単勝元返しの1番人気、史上初の4連覇を狙うジャングルスマイルが2番人気と、世代交代が感じられた。レースは昨年同様、ジャングルスマイルとナムラダイキチの一騎打ちとなるが、3コーナーでナムラダイキチが先頭に立つと、直線でジャングルスマイルとの差を広げ、ジャングルスマイルの4連覇を打ち砕く圧勝。ジャングルスマイルに2.5秒の差をつけての勝利で、世代交代を印象付けた。


2014年:ナムラダイキチ(畑中信司騎手) 藤木一男厩舎

  2014 百万石賞  2014年6月15日 第56回百万石賞 結果

 2013年の百万石賞後に故障してしまい、その年を棒に振ったナムラダイキチが翌年の5月に復帰。復帰戦を白星で飾り、連覇をかけて出走した百万石賞。好位追走から余裕の手応えで先頭に立つと、2着のセイカアレグロに5馬身差の危なげない勝利で連覇達成。しかし残念ながら、状態が思わしくなく、このレースを最後にまたも休養に入ってしまった。


 以上、2回に分けて2002年から2014年までを振り返ってみました。今年は、3連覇を狙うナムラダイキチに、古豪ジャングルスマイル、上がり馬ナンディン、4歳馬のアキレウス、今年のオグリキャップ記念2着馬のビービーガザリアスなどが出走予定。初夏の古馬№1決定戦にふさわしいメンバーが揃いそうです。果たして、今年の百万石賞はどのようなレースになるでしょうか?今から当日が楽しみです。

プレイバック 金沢・百万石賞 vol.1(2003年 ~ 2008年)

小川です。毎年6月に金沢競馬場で行われる伝統の一戦、「百万石賞」。金沢競馬場の2300mを舞台に、初夏の古馬最強馬決定戦も今年で58回目を迎えます。過去の優勝馬のほとんどが金沢競馬の年度代表馬に輝くなど、金沢競馬を代表する馬たちが優勝馬にその名を連ねています。今回は、過去12年の百万石賞を何回かに分けて振り返りたいと思います。

 なお、2003年~2005年はフィルムで撮影したものをスキャナーで取り込んだため、画像が鮮明ではありませんが、ご容赦ください。


2003年:トゥインチアズ(蔵重浩一郎騎手) 松野勝己厩舎

  2003年 百万石賞_1_1  2003年6月15日 第46回百万石賞 結果

 2003年シーズン開幕から3連勝で臨んだトゥインチアズが、圧倒的人気に応え優勝した2003年。金沢では圧倒的な強さを誇った同馬だが、意外にも地元の年度代表馬に輝くことは1度もなかった。


2004年:ホシオー(渡辺壮騎手) 松原正文厩舎

  2004年 百万石賞_1  2004年6月27日 第47回百万石賞 結果

 2003年秋に金沢に転入したホシオー。転入後、無敗の8連勝で百万石賞に臨み、前年の優勝馬トゥインチアズと初対戦。圧倒的強さで2着に7馬身差をつけたホシオーは、この年の年度代表馬にも輝いた。いっぽうのトゥインチアズは5着に敗れ、このレースを最後に引退となった。


2005年 テンリットル(加藤和義騎手) 本厚司厩舎

  2005年 百万石賞_1  2004年6月12日 第48回百万石賞 結果

 1番人気は連覇を狙うホシオー。2番人気には、高崎競馬廃止に伴い、金沢に転入したベストサウンド。戦前は、2連勝でこのレースに挑むベストサウンドと連覇を狙うホシオーの一騎打ちと思われたが、優勝したのは高崎から転入したテンリットル。金沢に移籍後、4戦目での初勝利がビッグタイトルとなった同馬は、得意の長距離戦で劇的な復活Vを飾った。テンリットルは2600mの北国王冠も圧勝し、この年の年度代表馬に輝いた。また、アラブのグリーンジャンボが3着に入線したレースでもあった。


2006年:ビッグドン(加藤和義騎手) 服部健一厩舎

  2006 百万石賞  2006年6月18日 第49回百万石賞 結果

 2006年の春に金沢競馬に転入したビッグドンが1番人気。2番人気には、昨年の覇者で連覇を狙うテンリットル。レースはビッグドンが優勝し、金沢移籍2戦目でビッグタイトル獲得となった。加藤和義騎手は、2005年に続き連覇。昨年の覇者テンリットルは2着で、服部健一厩舎はワンツーフィニッシュ。3着には昨年同様、アラブのグリーンジャンボが入った。ビッグドンはその後、白山大賞典2着、北国王冠を制し、年度代表馬に選出された。

2007年:ビッグドン(加藤和義騎手) 服部健一厩舎

  2007 百万石賞  2007年6月17日 第50回百万石賞 結果

 この年が節目の50回目。1番人気は連覇を狙うビッグドン。2番人気には古豪タフネスゴールド。直線は、ビッグドン、マヤノオスカー、テンリットルの三つ巴となったが、ハナ差でマヤノオスカーを退けたビッグドンが連覇達成。一昨年の覇者テンリットルは3着と、得意の長距離戦で存在感を示した。しかし、人気の一角のタフネスゴールドが故障で競走中止。残念ながら、このレースが生涯最後のレースとなった。ビッグドンはこの年、2年連続で年度代表馬に輝いた。


2008年:マツノショウマ(桑野等騎手) 小原典夫厩舎

  2008 百万石賞  2008年6月15日 第51回百万石賞 結果

 史上初の百万石賞3連覇をかけたビッグドンが1番人気。レースは、前々で積極的な競馬をしたマツノショウマが、シャインカイザーとの接戦を制し、古馬になって初の重賞タイトルを獲得した。3連覇を狙ったビッグドンは、直線で伸びを欠き6着と敗れた。テンリットルはこの年も5着に入線し、4年連続で掲示板に載った。

~ 浦和所属馬、25年ぶりのダービー制覇 ~ 大井・第61回東京ダービー(SⅠ)

小川です。ダービーWeek真っ只中の地方競馬ですが、今回は、南関東所属の3歳馬の頂点を決める、「第61回東京ダービー(SⅠ)」を取り上げます。

 1955年に、「春の鞍」という名称で創設された東京ダービー。現在の名称になったのは1966年の第12回からで、1967年から距離が2400mに変更されました。

 南関東のクラシック競走は、羽田盃 → 東京ダービー → 東京王冠賞という3冠体系で、春に羽田盃と東京ダービーが、秋に東京王冠賞というスタイルで行われてきましたが、1996年に春に3冠競走すべてを行うアメリカンスタイルに変更され、東京王冠賞と東京ダービーの順番が入れ替わりました。東京ダービーは、1999年に距離が2400mから2000mへと変更になり、さらには2002年に東京王冠賞が廃止。3冠競走の最後にジャパンダートダービーが加わり、現在に至っています。

 旧体系でのクラシック3冠馬は、ヒカルタカイ(1967年)、ゴールデンリボー(1975年)、ハツシバオー(1978年)、サンオーイ(1983年)、ハナキオー(1986年)、ロジータ(1989年)の5頭。ロジータは、牝馬唯一の南関東3冠馬で、同年に桜花賞と東京大賞典も制しています。

 現行のレース体系になってからのクラシック3冠馬は、現在のところ2001年のトーシンブリザードただ1頭。トーシンブリザードは、この年を最後に廃止された東京王冠賞も制しており、「4冠馬」となっています。

 ここで、過去5年の東京ダービー馬についても写真で振り返りたいと思います。

  2010 東京ダービー 2010年 マカニビスティー[大井]

  2011 東京ダービー 2011年 クラーベセクレタ[船橋]

  レース 5_1 2012年 プレティオラス[大井]

  2013 東京ダービー 2013年 インサイドザパーク[船橋]

  2014 東京ダービー 2014年 ハッピースプリント[大井]

 今年もフルゲートとなった東京ダービー。羽田盃馬ストゥディウムと京浜盃を圧勝したオウマタイムに加え、牝馬クラシックホースのララベルとティーズアライズも参戦。騎乗するジョッキーも、吉原寛人騎手(金沢)、田中学騎手(兵庫)、吉村智洋騎手(兵庫)のほか、当日行われたJRA条件交流競走で騎乗した内田博幸騎手、戸崎圭太騎手が古巣でダービーに騎乗。柴田大知騎手も、ウィンバローラスに騎乗するなど、中央、地方の腕利きジョッキーが集結しました。

 今年の東京ダービー出走馬

  ①ドライヴシャフト 2_1_1 ①ドライヴシャフト 内田博幸騎手(JRA)

  ②ジャジャウマナラシ 2_1_1 ②ジャジャウマナラシ 田中学騎手(兵庫)

  ③ティーズアライズ 3_1 ③ティーズアライズ 東京プリンセス賞馬

  ④ララベル 2_1 ④ララベル 桜花賞馬

  ⑤コンドルダンス 3_1 ⑤コンドルダンス 吉村智洋騎手(兵庫)

  ⑥ミッドストラーダ 4_1 ⑥ミッドストラーダ 戸崎圭太騎手(JRA)

  ⑦オウマタイム 1_1 ⑦オウマタイム 京浜盃馬

  ⑧ストゥディウム 1_1 ⑧ストゥディウム 羽田盃馬

  ⑨フラットライナーズ 2_1 ⑨フラットライナーズ

  ⑩クラバズーカー 2_1 ⑩クラバズーカー

  ⑪ウィンバローラス 5_1 ⑪ウィンバローラス 柴田大知騎手(JRA)

  ⑫レーザー 2_1 ⑫レーザー

  ⑬ラッキープリンス 1_1 ⑬ラッキープリンス

  ⑭ヴェスヴィオ 1_1 ⑭ヴェスヴィオ 吉原寛人騎手(金沢)

  ⑮ブルーマイスキー 1_1 ⑮ブルーマイスキー

  ⑯パーティメーカー 2_1 ⑯パーティメーカー 的場文男騎手

 スタートしてハナを主張したのは、ドライヴシャフトとオウマタイムの2頭でしたが、枠順の利を生かし、ドライヴシャフトがハナで1コーナーへ入ります。オウマタイムがこれに続き、牝馬のティーズアライズが離れた3番手を追走。ウィンバローラス、桜花賞馬ララベル、ラッキープリンス、ミッドストラーダらが集団を形成し、クラバズーカー、ストゥディウムらが後方待機でレースを進めます。

  レース 1_1 ハナに立つドライヴシャフト

 向正面に入ると、抑えきれないとばかりにオウマタイムがドライヴシャフトを交わし先頭に立ち、後続との差を広げにかかります。交わされたドライヴシャフトは後続に捕まり後退。パーティメーカー、クラバズーカーは仕掛けながらポジションを上げにかかります。

 オウマタイムが先頭で3コーナーに入るも、ウィンバローラス、ティーズアライズ、ララベル、ラッキープリンスがピタリと続き、一団となって直線へ。直線に入ると横一線になり、懸命に逃げるオウマタイムにウィンバローラスが並びかけますが、その外からラッキプリンスが一気に交わします。ララベルも馬場の真ん中からじりじりと伸びてきますが前を捕らえるまでには至らず。残り100mでパーティメーカーとヴェスヴィオが迫るも、抜け出したラッキープリンスが3/4馬身凌ぎ、第61代東京ダービー馬に輝きました。

  2015 東京ダービー ゴール photo:Ryota Wakamatsu

  第61回東京ダービー(SⅠ) 結果

  東京ダービー 口取り 口取り  photo:Ryota Wakamatsu

 2着には猛追したパーティメーカーが入り、小久保智厩舎は東京ダービーでワンツー。パーティメーカーに騎乗の的場文男騎手は、惜しくも3/4馬身差でダービーのタイトルに手が届かず、悲願の東京ダービー制覇はお預けとなりました。浦和所属馬は、1990年ノ「アウトランセイコー以来、25年ぶりの東京ダービー制覇となりました。

  レース 5_1 ⑯パーティメーカー 5_1 惜しくも2着の的場文男騎手  

  ④ララベル 3_1 桜花賞馬ララベルは4着

  ⑪ウィンバローラス 6_1 12番人気のウィンバローラスは5着と大健闘

  ⑧ストゥディウム 2_1 羽田盃馬ストゥディウムは末脚不発の7着で2冠ならず

  ⑬ラッキープリンス 5_1 表彰式:今野忠成騎手 1_1 今野忠成騎手は、東京ダービー初制覇

 「直線では、早く先頭に立ちすぎたかな、と思いました。今日は大井の直線が長く感じましたね。」と語った今野騎手。2007年にフリオーソでジャパンダートダービーを制している今野騎手ですが、東京ダービー制覇は今回が初めてとなりました。

  表彰式:原幹恵さん_1 プレゼンターは、女優の原幹恵さん

  表彰式_1 表彰式:記念撮影 1_1 表彰式

 ラッキープリンスとパーティメーカーは、ともに次走はジャパンダートダービーの予定。次走はJRA勢との対戦になるが、小久保厩舎の快進撃に期待したい。


ラッキープリンス[牡3] 浦和・小久保智厩舎

 父:サイレントディール 母:ウォータートスカ(母の父:オペラハウス)
 生産者:畔高牧場(北海道浦河郡浦河町)
 馬主:国田 正忠 氏
 通算成績:12戦6勝(2015年6月3日現在)
 重賞勝ち鞍:2015年 浦和・ニューイヤーカップ(SⅢ) 大井・東京ダービー(SⅠ)


 
プロフィール

チーム南関

Author:チーム南関
中川明美(競馬ブック記者)
辻井光多郎(日刊競馬記者)
小川慎介(フォトグラファー)
若松亮太(フォトグラファー)
山田環(ライター)

”チーム南関”が南関競馬の裏のウラまで?!話題を探して奔走します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。