FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ 名馬たちが眠る菩提寺 ~ 御法山 妙光院(神戸市中央区)

小川です。今年の摂津盃が行われた前日の8月13日、オオエライジン号の供養のため、神戸市中央区にある妙光院というお寺に行ってきました。今回は、レース中の事故や、不慮の病気などで亡くなった競走馬たちを供養する妙光院について、ご紹介致します。

 神戸市中央区にある妙光院。ここには、6mという日本一の高さを誇る馬頭観音像が置かれています。台座を含めると、その大きさは10m。馬頭観音像は1933年(昭和8年)に完成。この馬頭観音に下に、愛馬供養塔があります。

  妙光院 1 最寄のバス停を降りると、案内があります

  妙光院 2 坂を登り、矢印に従って向かいます

  妙光院 4 妙光院 3 妙光院 入口

  妙光院 5 妙光院 6 まっすぐ進むと馬頭観音像が見えてきます

 写真だと小さく感じられますが、こちらが高さ6m、台座を含めると10mという、日本最大の馬頭観音像です。

  妙光院 7 馬頭観音像と台座

  妙光院 8 供養のお供え物も置かれていました

  妙光院 9 競走馬だけでなく、動物全般の供養も

 馬頭観音像の下には、名馬や愛馬が遺影が祀られている、「愛馬供養塔」があります。原則、非公開ですが、今回は妙光院様のご厚意により、見学させていただきました。

  妙光院 10 妙光院 12 愛馬供養塔の内部

  妙光院 15 正面には、テンポイントの遺影が安置されています

  妙光院 11 昨年11月に亡くなったシゲルスダチ号も供養されていました

  妙光院 13 競走馬の遺影たち 有名馬の名前も数多く見られます

 遺影の中には、2011年まで兵庫で活躍したアルドラゴンの名前も。残念ながら、アルドラゴンは2014年8月に心臓麻痺で亡くなりました。

  妙光院 14 アルドラゴンの遺影(画像真ん中あたり)

  妙光院 16 愛馬供養塔の隣にある聖天堂

  妙光院には、競馬関係者も多く訪れます。お正月や不慮の事故があった時などは、たびたび供養に訪れているとのこと。社務所ではお札やお守りが売られていますが、厩舎の馬房に貼っている厩舎も多いそうです。また、お正月には馬頭観音像の足元に御神酒が並びます。

 年中行事としては、毎年、1月18日には初馬頭観音祭が行われるほか、4月7日には馬頭観音動物愛護祭が行われます。馬頭観音動物愛護祭には、熱心なファンの方も供養に訪れています。

 みなさんも関西方面にお出かけの際は、神戸まで足を伸ばし、ぜひ妙光院を訪れてみてはいかがでしょうか?


御法山 妙光院  アクセス

 阪急電鉄「王子公園駅」から、徒歩約17分

 三宮駅から、市バス「②系統 阪急六甲行き」、「⑱系統 JR六甲行き」に乗り、「青谷」で下車。山のほうへ200m(徒歩約3分ほど)。

 車でお越しの方:阪神高速生田川IC、または摩耶ICで降りて北へ


                取材協力: 妙光院 様  大恵 陽子 様
スポンサーサイト

~ 真夏の夜のハンデ戦、勝利の行方は如何に? ~ 園田・第47回摂津盃

小川です。今回は、園田競馬の伝統の真夏のハンデ重賞、「摂津盃」を取り上げます。摂津盃は2012年からナイター開催で行われるようになりましたが、ナイター開催での実施は今年で4年目となります。

 もともとはアラブの重賞だった摂津盃。サラブレッドが出走可能になったのは2003年からで、2005年からサラブレッド系の重賞となりました。2012年には、「そのだ金曜ナイター」のオープニング重賞として、初のナイター開催での重賞として実施。以後、毎年ナイター開催での実施となっています。近年の優勝馬は、下記の通りです。

 第40回(2008年) モエレトレジャー

  2008 摂津盃 1 2008 摂津盃 2 2008 摂津盃 3

 第41回(2009年) ~ 第42回(2010年) アルドラゴンが連覇

  2010 摂津盃 アルドラゴン 2010年優勝時 photo:Ryota Wakamatsu

 第43回(2011年) グレートステージ

  レース 1_1 口取り_1

 第44回(2012年) エーシンアガペー この年からナイター重賞に

  2012 摂津盃 エーシンアガペー photo:Ryota Wakamatsu

 第45回(2013年) ホクセツサンデー  2013年 摂津盃の記事

  摂津盃:レース 4 摂津盃:口取り

 第46回(2014年) エーシンサルサ  2014年 摂津盃の記事

  103_ゴール(エーシンサルサ) 106_口取り photo:Ryota Wakamatsu


 今年で47回目となる摂津盃。連覇を狙うエーシンサルサに、昨年の菊水賞馬でここまで9戦連続連対中と好調のニホンカイセーラ、JRAから転入後、4戦3勝で摂津盃に駒を進めたユニフィケーション、8戦連続掲示板で堅実ぶりで、前走は名古屋遠征で2着のサウスウインド、前走、8番人気ながら2013年の姫山菊花賞以来、久々の勝利を挙げた古豪ダイナミックグロウ、兵庫で唯一、オオエライジンに土をつけたニシノイーグルなど、フルゲート12頭立てで行われました。

 1番人気は連覇を狙うエーシンサルサでしたが、鞍上の木村健騎手が疾病のため、当日6レース以降、乗り替わりとなったため、笹田知宏騎手に変更。この騎乗変更が、上位人気にも影響を及ぼすこととなります。最終的に1番人気に支持されたのは、川原正一騎手騎乗のユニフィケーションに。エーシンサルサは乗り替わりの影響もあってか、最終的には2番人気に。3番人気ニホンカイセーラ、4番人気サウスウインドという順で支持を集め、レースを迎えます。

 バレーナボスが大きく出遅れるスタートで幕を開けた今年の摂津盃。ダイナミックグロウがハナに立つ勢いの好スタートを見せますが、大外から果敢にハナに立ったのは、久々の1700m戦となるニホンカイセーラ。ダイナミックグロウ、笹田騎手に乗り替わったエーシンサルサがこれに続き、1番人気のユニフィケーションとサウスウインドが中団から先行馬を見る形でレースを進め、1コーナーへと向かいます。

  A85P9912_1.jpg A85P9928_1.jpg 1周目のゴール前 

 向正面に入ると、逃げるニホンカイセーラにダイナミックグロウが並びかける展開に。並ばれたニホンカイセーラは手応えが怪しくなり、3コーナーに入る頃には後退してしまいます。3コーナーではダイナミックグロウが先頭で後続を引っ張る展開となり、エーシンサルサ、サウスウインドが追いすがりますが、ユニフィケーションは依然として中団のままで、レースは直線へ。

 直線に入ると、ダイナミックグロウが後続を突き放しにかかりますが、懸命にエーシンサルサがこれを追い、勝負の行方はこの2頭に。最後はダイナミックグロウがエーシンサルサの追撃を1/2馬身差で振り切り、2013年10月の姫山菊花賞以来となる重賞2勝目を挙げました。3着には追い込んできた9番人気のオーケストラピットが入線し、3連単は16万円台の高配当となりました。

  A85P9947_1.jpg  園田・第47回摂津盃 結果

 松浦政宏騎手は、摂津盃は1999年にオリジナルで制して以来、16年ぶりとなる久々の優勝。1999年優勝時は今と違い、デビュー時の勝負服を着用していた時でした。16年前の摂津盃の写真を持っていましたので、掲載しておきます。

  1999年 摂津盃 2_2_1 第31回摂津盃(1999年) オリジナル

 松浦政宏騎手は、騎手デビュー時の勝負服は、胴緑・赤V字襷・袖赤でしたが、2006年5月に引退。2010年9月に現役復帰しますが、復帰後は勝負服のデザインは、胴紫、白二本輪、袖白に変更となっています。

  口取り 4_1_1 口取り 1_1 ダイナミックグロウは久々の重賞制覇

 表彰式は、SKNフラッシュ8、そのたん、ちっちゃいおっさん&梅ちゃ~んも参加し、賑やかな表彰式となりました。

  表彰式:松浦政宏騎手 2_1 松浦政宏騎手  表彰式:小牧毅調教師_1 小牧毅調教師

  表彰式:そのたん_1 人気者のそのたんも表彰式に登場

  表彰式 1_1 表彰式 2_1_1 表彰式:記念撮影_1 表彰式

 11歳馬の古豪復活で幕を閉じた今年の摂津盃。乗り替わりの明暗が、レースにも表れた形となりました。ダイナミックグロウの次なる目標は、2013年に制した10月の姫山菊花賞。復活の狼煙を上げた古豪が、ベストの1700m戦でどのようなレースを見せるのか、注目したところです。

ダイナミックグロウ[牡11] 兵庫[西脇]・小牧毅厩舎

 父:テイエムオペラオー 母:グリーンインディ(母の父:A.P. Indy)
 生産者:杵臼牧場(北海道浦河郡浦河町)
 馬主:小川 勲 氏
 通算成績:57戦12勝(2015年8月14日現在 JRA38戦6勝を含む)
 重賞勝ち鞍:2013年 園田・姫山菊花賞  2015年 園田・摂津盃

エーシンサルサ 兵庫サマークイーン賞連覇 ~第8回兵庫サマークイーン賞~

ゴール2
若松です。少し前のレースですが、今回は、7月24日園田競馬場で行われた第8回兵庫サマークイーン賞(ダート1700m)を
お届けします。今年初の園田金曜ナイター(その金)で行われた重賞レースで、グランダムジャパン2015古馬シーズン第3戦でもあります。
また当日は、調教師試験合格に伴う、有馬澄男騎手、北野真弘騎手の引退セレモニーが行われました。

■有馬澄男騎手、北野真弘騎手
有馬澄男騎手 北野真弘騎手

兵庫サマークイーン賞は、地元7頭と他地区南関東から2頭愛知・笠松から2頭、高知から1頭の計12頭でレースが行われました。

■パドック(ケンブリッジナイス、タッチデュール、エーシンサルサ、カイカヨソウ)
1_ケンブリッジナイス 4_タッチデュール 5_エーシンサルサ 6_カイカヨソウ

■ケンブリッジナイス(吉原寛人騎手)
1_ケンブリッジナイス3

■カイカヨソウ(川島正太郎騎手)
6_カイカヨソウ4

■ピッチシフター(名古屋)
9_ピッチシフター

■タッチデュール(笠松)
7_タッチデュール

スタート後1番人気のピッチシフターが出遅れ最後方へ。勢いよく飛び出したのは3番人気のケンブリッジナイスが先頭に、続く2番手は2番人気地元のエーシンサルサ。3番手に昨年のグランダムジャパン2014三歳シーズン優勝馬のトーコーニーケが続く展開でスタンド前へ。

■トーコーニーケ(1周目スタンド前)
8_トーコーニーケ

淡々とした流れで2コーナーで、ケンブリッジナイスがペースアップするところをぴったりマークするエーシンサルサ。3コーナーから4コーナーで出遅れたピッチシフターが3番手まで押し上げると最後の直線へ。

■ゴール手前
ゴール前

内逃げるケンブリッジナイスをゴール前100mで、エーシンサルサが外からスッと差しきってゴール。2着はケンブリッジナイス。
3着はピッチシフターでした。

■ゴール
ゴール

エーシンサルサは、昨年に続いて兵庫サマークイーン賞を連覇。重賞は、2014年読売レディス杯、兵庫サマークイーン賞、摂津盃に続いて4勝目。続く摂津盃では2着でした。

■口取り
口取り

■表彰式
表彰式2 表彰式1

★エーシンサルサ 牝馬5歳 父:サウスヴィグラス 母:サクラメントガール
 築紫洋生産(新ひだか町) 馬主:平井克彦 氏 調教師:橋本忠男(兵庫)
 通算成績33戦13勝 主な勝鞍:摂津盃、兵庫サマークイーン賞(2014)、読売レディス杯
エーシンサルサ戻り馬

~ 2着続きに終止符で重賞初制覇 ~ 大井・第49回黒潮盃(SⅡ)

小川です。みなさまは、お盆休みはいかが過ごされましたでしょうか?お盆休み中も、地方競馬は各地で開催され、イベントなども盛りだくさんでした。今回は、8月12日に大井競馬場行われた、「第49回黒潮盃(SⅡ)」を取り上げます。

 黒潮盃が創設されたのは1967年。1998年までは春に実施され、南関東クラシックの前哨戦という意味合いの強いレースでした。オールドファンの方にとっては、クラシック前哨戦のイメージが未だに強いことと思います。

 春に施行されていた時代の歴代優勝馬は、南関東のレコードホルダーとして名前を目にするカツアールをはじめ、ホスピタリティ、ステートジャガー、マルゼンアディアル、シナノジョージ、チャンピオンスター、アウトランセイコー、カシワズプリンセス、ブルーファミリー、ジョージタイセイ、スペクタクル、ナイキジャガー、キャニオンロマンなど、南関東クラシック優勝馬や、古馬になって大活躍した馬たちがその名を連ねています。

 1999年からは、現在の施行時期に移動。2003年に東日本地区交流として門戸を開放。翌2004年からは地方競馬全国交流競走となりました。2010年には、岩手競馬でダービーグランプリが復活したのに伴い、ダービーグランプリ指定競走となり、1着馬にダービーグランプリの優先出走権が与えられるようになりました。

 現行の時期になってからの優勝馬は、ボンネビルレコード、アスターバジル、マルヨフェニックス[笠松]、ツクシヒメ、オオエライジン[兵庫]、アスカリーブルなど。昨年は、スマイルピースが優勝し、楢崎功祐騎手が南関東移籍後、初重賞制覇を飾りました。

 2006年:5連勝で臨んだアスターバジルが6連勝で重賞初制覇。

  2006 黒潮盃 アスターバジル アスターバジル

 2007年:笠松のマルヨフェニックスがJDD12着から巻き返して優勝。

  2007 黒潮盃 1 2007 黒潮盃 2 マルヨフェニックス

 2011年:7戦7勝で臨んだ、「兵庫の雷(いかずち)」オオエライジンが優勝し、無傷の8連勝を達成。

  2011 黒潮盃 1 2011 黒潮盃 2 オオエライジン

 2012年:南関東牝馬クラシック2冠馬のアスカリーブルが、貫禄の勝利。

  2012 黒潮盃 アスカリーブル アスカリーブル

 2014年:スマイルピースが優勝し、楢崎功祐騎手は南関東移籍後、初重賞制覇。

  2014 黒潮盃 スマイルピース 表彰式:楢崎騎手 2_1 スマイルピース & 楢崎功祐騎手

 今年は他地区から、兵庫2頭、高知1頭を迎え、フルゲートの16頭立て。南関東からは、東京ダービー2着馬のパーティメーカー、東京湾カップの覇者ドライヴシャフト、3連勝でこのレースに駒を進めたゴーオン、雲取賞2着のクラバズーカー、JRAから移籍後4戦目のタケルオウジ、ここまで5戦連続2着のブラックレッグなどが出走しました。

 今年の出走馬

  ①ゴーオン 1_1_1 ①ゴーオン
  ②クラバズーカー 3_1_1 ②クラバズーカー
  ③ブラックレッグ 1_1 ③ブラックレッグ
  ④エンターザスフィア 2_1 ④エンターザスフィア
  ⑤リボンスティック 1_1 ⑤リボンスティック 鞍上:赤岡修次騎手
  ⑥オトコノヒマツリ 3_1 ⑥オトコノヒマツリ[高知] 鞍上:永森大智騎手
  ⑦タケルオウジ 2_1 ⑦タケルオウジ
  ⑧ナニスンネン 1_1 ⑧ナニスンネン[兵庫] 鞍上:大山真吾騎手
  ⑨クールテゾーロ 1_1 ⑨クールテゾーロ
  ⑩ノブワイルド 2_1 ⑩ノブワイルド
  ⑪アロマベール 2_1 ⑪アロマベール
  ⑫マイカラー 2_1 ⑫マイカラー
  ⑬パーティメーカー_1 ⑬パーティメーカー 
  ⑭バズーカ_1 ⑭バズーカ[兵庫] 東海ダービー馬 鞍上:木村健騎手
  ⑮ドライヴシャフト 2_1 ⑮ドライヴシャフト 鞍上:吉原寛人騎手
  ⑯ハーモニーウィル 2_1 ⑯ハーモニーウィル

 ゴーオンとパーティメーカーが立ち遅れ気味で、後方からの競馬となったスタートでしたが、好スタートからハナに立ったのはノブワイルド。アロマベール、タケルオウジらがこれに続き、1コーナーへと入ります。

 向正面に入ると縦長の展開となり、そのまま3コーナーへ。先頭のノブワイルドと、これに続くアロマベールとタケルオウジが後続を離して4コーナーから直線へと入ります。

 残り200mでタケルオウジがスパートして直線に立ち、最内からはスタートで出遅れたゴーオンが伸びてきます。そのまま粘りこみを図るタケルオウジでしたが、残り100mで馬場の中団からブラックレッグが一気の脚で迫り、タケルオウジに馬体を併せます。外からは的場騎手のムチに応え、パーティーメーカーも前の2頭を猛追しますが、最後はブラックレッグがタケルオウジを1/2馬身交わしたところがゴール。猛追したパーティメーカーは、タケルオウジにクビ差及ばずの3着でした。

  レース 2_1 第49回黒潮盃(SⅡ) 結果

 他地区から出走した3頭は、バズーカが7着、オトコノヒマツリが12着、ナニスンネンが15着という結果でした。

 ここまで5戦連続2着だったブラックレッグは、JRAから転入後、今回が初の重賞挑戦でしたが、初重賞制覇となりました。

  口取り 1_1_1 口取り 4_1 口取り

 今回、表彰式のプレゼンターを務めたのは、俳優でTCKイメージキャラクターの斎藤工さん。11月1日完成の新スタンド名の発表も、この日に行われました。新スタンドの名称は、「G-front」に決まりました。

  表彰式:斉藤工さん_1 斎藤 工 さん

  表彰式 2_1 表彰式:記念撮影 1_1 表彰式

 これで2着続きにピリオドを打ったブラックレッグ。これからは連勝街道となるでしょうか?まずは次走に注目したいところです。


ブラックレッグ[牡3] 大井・的場直之厩舎

 父:タイキシャトル 母:マイビッグアップル(母の父:マンハッタンカフェ)
 生産者:林 時春(北海道様似郡様似町)
 馬主:平本 敏夫 氏
 通算成績:10戦2勝(2015年8月12日現在 JRA2戦0勝を含む)
 重賞勝ち鞍:2015年 大井・黒潮盃(SⅡ)

プロフィール

チーム南関

Author:チーム南関
中川明美(競馬ブック記者)
辻井光多郎(日刊競馬記者)
小川慎介(フォトグラファー)
若松亮太(フォトグラファー)
山田環(ライター)

”チーム南関”が南関競馬の裏のウラまで?!話題を探して奔走します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。