スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ 今年も遠征馬が上位を独占! ~ 笠松・第11回笠松グランプリ(SPⅠ)

小川です。11月も下旬となり、街中ではイルミネーションも灯るなど、冬の足音も徐々に近づいてきた今日このごろ。今回は、笠松競馬場で行われた全国交流重賞の「第11回笠松グランプリ(SPⅠ)」を取り上げます。

 笠松グランプリの前身は、2004年までダートグレード競走として行われていた「全日本サラブレッドカップ(GⅢ)」。2005年にダートグレードを返上し、東海・近畿・北陸地区のブロック交流重賞となりました。2012年からは地方競馬全国交流競走となっています。過去10回の優勝馬は、下記の通りです。

 2005年(第1回):ホワイトサイクロン[金沢]
 2006年(第2回):ミツアキタービン[笠松]
 2007年(第3回):マサアンビション[名古屋]
 2008年(第4回):ベストタイザン[兵庫]
 2009年(第5回):イイデケンシン[兵庫]
 2010年(第6回):マルヨフェニックス[笠松]
 2011年(第7回):エーシンクールディ[笠松]
 2012年(第8回):エーシンクールディ[笠松]
 2013年(第9回):エスワンプリンス[佐賀]  2013年の記事
 2014年(第10回):ジョーメテオ[浦和] 2014年の記事

 これまでの成績は、他地区所属馬6勝、笠松所属馬4勝となっていますが、近年は2年連続で遠征馬が勝利し、上位を独占しているこのレース。今年は、岩手・大井・浦和・兵庫・高知から各1頭が参戦。笠松競馬場で実績を挙げている馬が参戦してきましたが、残念ながら兵庫から遠征予定のバズーカが出走取消となりました。

  ⑩ラブバレット 1_1 ⑩ラブバレット[岩手]
  ⑦ゴーディー 1_1 ⑦ゴーディー[大井]
  ⑨サトノタイガー 1_1 ⑨サトノタイガー[浦和]
  ④エプソムアーロン 1_1 ④エプソムアーロン[高知]

 地元の東海地区からは、ダートグレードの常連のタッチデュールや、東海菊花賞4着のベルラインなど5頭が、遠征馬を迎え撃ちました。

  ①リックムファサ 1_1_1 ①リックムファサ
  ②タッチデュール 1_1 ②タッチデュール
  ⑤ブルータンザナイト 1_1 ⑤ブルータンザナイト
  ⑥トップフライアー 1_1 ⑥トップフライアー[名古屋]
  ⑧ベルライン 1_1 ⑧ベルライン[名古屋]

 1番人気はサトノタイガー、2番人気にラブバレットと、ダートグレードで実績のある遠征馬が支持され、3番人気には、昨年のオッズパークグランプリをレコードで制したエプソムアーロンと、遠征馬が人気の上位を占めました。

 4コーナーのポケットからスタートする笠松の1400m戦。先行争いを制したのは、出ムチをくれてハナを主張した名古屋のトップフライアー。ゴーディー、サトノタイガー、ラブバレットの遠征馬がこれに続き、エプソムアーロン、リックムファサは中団からの競馬。タッチデュールとブルータンザナイトが最後方のポジションで、1コーナーへと入ります。

  レース 1_1 レース 2_1 1周目のゴール前

 向正面でもトップフライアーが逃げますが、先行する遠征馬たちがこれを捕えにかかり、3コーナーでサトノタイガーが先頭に。ラブバレットも一緒に上がり、ピタリとマークします。エプソムアーロン、リックムファサも前を追いかけますが、ゴーディーは先行集団から遅れ始めます。

 直線に入ると、サトノタイガーとラブバレットが後続を徐々に引き離しマッチレースになるも、ゴール手前でラブバレットが抜け出し優勝。サtノタイガーが2着、エプソムアーロンが3着にそれぞれ入り、今年も遠征馬が上位を独占しました。地元の笠松勢は、リックムファサの4着が最先着しました。

  レース 4_1  笠松・第11回笠松グランプリ(SPⅠ) 結果

 ラブバレットは、これが3つ目の重賞タイトル。

  口取り 1_1 口取り 2_1 口取り 3_1 口取り 4_1

  表彰式:山本聡哉騎手_1 勝利ジョッキーの山本聡哉騎手

  表彰式:菅原勲調教師_1 管理する菅原勲調教師

  表彰式 2_1 表彰式:記念撮影_1 表彰式

 ラブバレットにとっては、今年5月のさきたま杯(JpnⅡ)以来、2度目の遠征となりましたが、今回、遠征競馬で初となる重賞制覇を飾りました。短距離のダートグレード競走でも堅実な走りを見せる同馬。今後のさらなる活躍に期待したいところです。

ラブバレット[牡4] 岩手(水沢)・菅原勲厩舎

 父:ノボジャック 母:リバイバルガール(母の父:バブルガムフェロー)
 生産者:津島 優治(北海道浦河郡浦河町)
 馬主:内山 一郎 氏
 通算成績:21戦9勝(2015年11月26日現在)
 重賞勝ち鞍:2013年 水沢・ビギナーズカップ  2014年 水沢・金杯  2015年 笠松・笠松グランプリ(SPⅠ)
スポンサーサイト

~ 南関東勢3連覇!! ~ 水沢・第28回ダービーグランプリ

小川です。関東はまだ暖かい日もあり、場所によってはまだ紅葉も見ることはできますが、岩手は既に冬の到来を感じさせる気候になっている今日このごろ。今回は、水沢競馬場で行われた、「第28回ダービーグランプリ」を取り上げます。

 「ダービーグランプリ」が創設されたのは1986年。当時は、地方競馬全国交流競走はまだほとんどなく、画期的なレースでした。1997年に中央馬にも門戸が開放されダートグレード競走となるも、2007年を最後に休止。2010年に、地方競馬全国交流競走として復活し、現在に至っています。2010年に復活して以降、昨年までの優勝馬は下記の通りです。

 2010年:ロックハンドスター[岩手]
 2011年:カミノヌヴォー[岩手] ※盛岡競馬場で実施
 2012年:ロッソコルサ[岩手]
 2013年:ジェネラルグラント[船橋]
 2014年:ドラゴンエアル[川崎]  昨年の記事はこちら

 今年は、北海道1頭、大井1頭、船橋2頭、浦和1頭、金沢1頭の6頭が遠征。特に南関東から遠征の4頭は、クラシック優勝馬とクラシック戦線で好成績を収めた馬が揃って駒を進めました。また、北海道と金沢からも、地元の重賞で実績のある馬が参戦し、今年も豪華な遠征馬が揃いました。

  ⑨タイムビヨンド 1_1 ⑨タイムビヨンド[北海道]
  ③ヴェスヴィオ 1_1 ③ヴェスヴィオ[大井]
  ④ストゥディウム 1_1 羽田盃(SⅠ)優勝馬 ④ストゥディウム[船橋]
  ⑪オウマタイム 1_1 京浜盃(SⅡ)優勝馬 ⑪オウマタイム[船橋]
  ⑥ラッキープリンス 1_1 東京ダービー(SⅠ)優勝馬 ⑥ラッキープリンス[浦和]
  ⑧ライブザドリーム 1_1 サラブレッド大賞典優勝馬 ⑧ライブザドリーム[金沢]

 迎え撃つ地元岩手からは、不来方賞1・2着馬をはじめ6頭が出走。3年ぶりの優勝をかけて臨みました。

  ①ラブブレイブ_1_1 不来方賞2着馬 ①ラブブレイブ
  ②クインオブザナイト 1_1_1 ②クインオブザナイト
  ⑤レッドサヴァージ 1_1 ⑤レッドサヴァージ
  ⑦ツリーハウス_1 ⑦ツリーハウス
  ⑩ピアノコンチェルト_1 ⑩ピアノコンチェルト
  ⑫ダイワエクシード_1 ⑫不来方賞優勝馬 ⑫ダイワエクシード

 上位人気は拮抗していましたが、最終的に1番人気に支持されたのはオウマタイム[船橋]。差のない2番人気に東京ダービー馬ラッキープリンス[浦和]。3番人気にヴェスヴィオ[大井]、4番人気にストゥディウム[船橋]と続き、少し離れた5番人気にレッドサヴァージ、6番人気に不来方賞馬ダイワエクシードが支持を集め、今年も遠征馬に人気が集まりました。

 スタート直後の先行争いは、ラッキープリンス、ライブザドリーム、オウマタイムの3頭が併走する形となり、直後に不来方賞馬ダイワエクシードが続きます。3コーナーに入る頃にはオウマタイムが抜け出し単独で先頭に立ち、2番手にダイワエクシード、3番手集団にラッキープリンスとライブザドリーム、タイムビヨンド、ヴェスヴィオと遠征馬が続き、1周目のゴール前を通過します。

  レース 1_1 1周目のゴール前 先頭で通過するオウマタイム

  レース 2_1 ラッキープリンスは3番手集団からのレース

 向正面に入ると、オウマタイムがリードを広げて逃げますが、3コーナーに入る頃には3番手集団の遠征馬たちが一団となってオウマタイムに並びかけます。中でも際立っていたのが、中団からレースを進めたストゥディウムをタイムビヨンドの2頭。オウマタイムを外から交わし、直線に入ります。

 直線に入ると、ストゥディウムとタイムビヨンドの2頭が抜けますが、ストゥディウムが後続との差を広げ、勝負あり。2着にはストゥディウムとともに上がっていったタイムビヨンドが入り、3着には直線で伸びてきた岩手のレッドサヴァージが入線しました。

  レース 3_1  水沢 第28回ダービーグランプリ 結果

  ⑪オウマタイム 5_1 逃げたオウマタイムは4着
  ③ヴェスヴィオ 6_1 ヴェスヴィオは5着
  ⑥ラッキープリンス 5_1 ラッキープリンスは直線で伸びを欠き、6着
  ⑧ライブザドリーム 9_1 金沢から参戦のライブザドリームは12着

 ストゥディウムは、これが4つめとなる重賞タイトル。南関東勢は、2013年ジェネラルグラント、2014年ドラゴンエアルに続き、ダービーグランプリ3連覇となりました。

  口取り 4_1 口取り 1_1 口取り 2_1

 石崎駿騎手は、2013年にジェネラルグラントで制して以来、ダービーグランプリは2勝目。ちなみに父親の石崎隆之騎手は、1997年にイシノサンデー[JRA]でダービーグランプリを制しています。

  表彰式:石崎駿騎手 1_1 ダービーグランプリ2勝目を飾った石崎駿騎手

  表彰式:矢野調教師 1_1 矢野義幸調教師は、ダービーグランプリ初制覇

  表彰式:松本厩務員 1_1 松元厩務員

 表彰式では、トークショーに出演した津田麻莉奈さんと杉原杏璃さんが、プレゼンターを務めました。

  表彰式 2_1 表彰式

 今年も遠征馬の勝利で幕を閉じたダービーグランプリ。近年は南関東からも強豪馬が参戦し、注目度も増しているだけに、来年以降も目が離せないレースになりそうです。

ストゥディウム[牡3] 船橋・矢野義幸厩舎

 父:ルースリンド 母:ルナマリア(母の父:ジェイドロバリー)
 生産者:清水 誠一(北海道様似郡様似町)
 馬主:(株) Nicks
 通算成績:15戦5勝(2015年11月23日現在)
 重賞勝ち鞍:2014年 船橋・平和賞(SⅢ) 大井・ハイセイコー記念(SⅡ)  2015年 大井・羽田盃(SⅠ) 水沢・ダービーグランプリ

ダート競馬の祭典 第15回JBC

若松です。今回は、11月3日(火曜日・祝)に大井競馬場で行われたダート競馬の祭典
第15回JBCについてお届けします。今年のJBCは第15回JBCクラシック(D2000m)、第15回JBCスプリント(D1200m)、
第5回JBCレディスクラシック(D1800m)のJpnⅠ3レースで行われました。

ゴール後1 ゴール後3 ゴール後2

まず8レースにJBCレディスクラシックが行われ、中央馬6頭、南関東6頭、他地区から笠松2頭、高知2頭の計16頭が出走しました。

■出走馬(馬番順)
1ユーセイクインサー 2カチューシャ 3ホワイトフーガ
4ノットオーソリティ 5リュウグウノツカイ

6サンビスタ 7アムールブリエ 8アクティフ
9タッチデュール 10ブルーチッパー

11アスカリーブル 12ボーラトウショウ 13キャニオンバレー
14サイモンガーランド 15ブラックバカラ 16トロワボヌール


■本馬場入場(ホワイトフーガ、ノットオーソリティ、リュウグウノツカイ、サンビスタ、アムールブリエ、アスカリーブル)
入場ホワイトフーガ 入場ノットオーソリティ 入場リュウグウノツカイ
入場サンビスタ 入場アムールブリエ 入場アスカリーブル

スタート後先頭に立ったのはブルーチップ。続いてカチューシャ、キャニオンバレーが。続いてアクティフ、人気のアムールブリエとサンビスタは5,6番手。

3コーナー手前からアムールブリエが動いて徐々にスピードアップ。続いてサンビスタが外からトロワボヌール、内にホワイトフーガが徐々にペースアップ。
4コーナー直線で外からアムールブリエ、内からサンビスタが先頭に。直線にたたき合いの中、残り100mで内から一気に突き抜けたのは、4角6番手にいたホワイトフーガ。ゴール前では2着に5馬身差をつけて圧勝。3着はトロワボヌールでした。早めに勝負に行ったアムールブリエは4着。
地方最先着は、川崎のリュウグウノツカイでした。

■最後の直線
最後の直線1 最後の直線2

■ゴール
ゴール前

勝ったホワイトフーガは、6月の関東オークスに続いて重賞2勝目で初のJpnⅠ勝ち。鞍上の大野騎手、高木調教師共にJpnⅠ初制覇でした。

■ゴール後
ゴール後 ゴール後3

■口取り
口取り1 口取り2

■表彰式(写真:小川慎介)
表彰式1 表彰式2


★ホワイトフーガ 牝馬3歳 父:クロフネ 母:マリーンウィナー
 梅田牧場(浦河町) 馬主:西森 鶴 調教師:高木 登(JRA)
 通算成績10戦5勝 主な勝鞍:関東オークス(2015)
ゴール後2

続いて9レースは、第15回JBCスプリント。中央馬6頭、南関東6頭、他地区北海道、岩手、兵庫、高知の1頭づつ計16頭が出走しました。

■出走馬(馬番順)
1タガノジンガロ 2コーリンベリー 4コスモフィナンシェ
5ジョーメテオ

6ダノンレジェンド 7ノーザンリバー 8サトノタイガー
9バーチャルトラック 10ベストウォーリア

11セイントメモリー 12アルゴリズム 13ゴーディー
14ドリームバレンチノ 15ポアゾンブラック 16マルカバッケン

■本馬場入場(タガノジンガロ、コーリンベリー、レーザーバレット、ダノンレジェンド、ベストウォーリアー、ドリームバレンチノ)
入場タガノジンガロ 入場コーリンベリー 入場レーザーバレット
入場ダノンレジェンド 入場ベストウォーリア 入場ドリームバレンチノ

スタート後勢いよく飛び出したのは内からコーリンベリー、続いて外からポアゾンブラック、内からタガノジンガロ、ダノンレジェンド。
4コーナー手前で後方にいたドリームバレンチノが、外から一気に先頭に並びかける勢いで直線へ。
先頭はコーリンベリー、2番手はダノンレジェンド、3番手ポアゾンブラック、外からさらにベストウォーリアーが。しかし先頭は変わらずコーリンベリー、外からダノンレジェンドも差を詰めるも勢い止まらず。そのままゴール。2着はダノンレジェンド、3着はベストウォーリアー。

■最後の直線
最後の直線

■ゴール
ゴール前

東京盃では3着に終わったコーリンベリーが雪辱を果たしJpnⅠ初制覇。また鞍上の松山弘平騎手もJpnⅠ初制覇でした。


■ゴール後
ゴール後1 ゴール後2

■口取り
口取り

■表彰式(写真:小川慎介)
表彰式1 表彰式2

★コーリンベリー 牝馬4歳 父:サウスヴィグラス 母:コーリンラヴィアン
 今井牧場(日高町) 馬主:伊藤 恵子 調教師:小野 次郎(JRA)
 通算成績16戦7勝 主な勝鞍:かきつばた記念(2015)
ゴール後3


最後10レースは、メインレースの第15回JBCクラシック。中央馬6頭、南関東5頭、他地区から5頭の計16頭が出走しました。

■出走馬(馬番順)
1クリソライト 2オグリタイム 3タイセイローマン
4ユーロビート 5サウンドトゥルー

6クラシカルノヴァ 7リワードレブロン 8ニホンピロアワーズ
9マヤノクレド 10ホッコータルマエ

11メイショウパーシー 12グランドシチー 13ハッピースプリント
14サミットストーン 15コパノリッキー 16アウトジェネラル

■本馬場入場(クリソライト、サウンドトゥルー、ホッコータルマエ、ハッピースプリント、コパノリッキー)
入場クリソライト 入場サウンドトゥルー 入場ホッコータルマエ 入場ハッピースプリント 入場コパノリッキー

スタート後内から先頭に立とうとしたクリソライトを、勢いよく外から上がってきた武豊騎手騎乗のコパノリッキーが先頭へ。
続いて一緒に上がってきたサミットストーンが3番手。4,5番手にユーロビートとホッコータルマエの展開。

■スタート後
スタート後

向こう正面でもペース落ちず徐々にホッコータルマエが先頭のコパノリッキーに並びかける展開。
3コーナー過ぎてコパノリッキーがペースアップするとクリソライト、ホッコータルマエが徐々に引き離され、直線に入っても手応え変わらず、コパノリッキーが悠々と逃げ切り優勝。2着は後方から追い込んだサウンドトゥルー。
3着は粘ったホッコータルマエでした。

■最後の直線
最後の直線

■ゴール
ゴール前

■ゴール後
ゴール後2

■口取り
口取り1 口取り2

■表彰式(写真:小川慎介)
表彰式1 表彰式2

勝ったコパノリッキーは、昨年の盛岡JBCクラシックに続いて連覇。連覇は史上5頭目。また武豊騎手は、JBCクラシック7勝目。

★コパノリッキー 牡馬5歳 父:ゴールドアリュール 母:コパノニキータ
 ヤナガワ牧場(日高町) 馬主:小林 祥晃 調教師:村山 明(JRA)
 通算成績18戦10勝 主な勝鞍:JBCクラシック(2014)、フェブラリーステークス(2014)、かしわ記念(2014)
ゴール後1

Jpn1レースが3レース連続で行われ、盛り上がった大井競馬場でした。
また当日の売得金額が48億円を超え、1日あたりの売得金額の地方競馬レコードを達成しました。
来年はJBCは、川崎競馬場で行われます。新スタンドにショッピングモールも出来る予定で、来年のJBCも今から楽しみですね。
プロフィール

チーム南関

Author:チーム南関
中川明美(競馬ブック記者)
辻井光多郎(日刊競馬記者)
小川慎介(フォトグラファー)
若松亮太(フォトグラファー)
山田環(ライター)

”チーム南関”が南関競馬の裏のウラまで?!話題を探して奔走します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。