fc2ブログ

近畿・東海・北陸地区3歳JRAトライアル選定競走

若松亮太です。今回は南関ではありませんが、近畿・東海・北陸地区交流の3歳重賞、JRAトライアル選定競走2レースをお伝えします。

まず1月22日に園田競馬場で行われた園田クイーンセレクションから。
このレースは3歳牝馬限定で、JRA桜花賞トライアルへの出走権をかけたブロック代表馬選定競走で、園田で行われる様になって今年で15回目になります。優勝馬には桜花賞トライアルレースへの出走権が与えられます。過去の優勝馬には、
グランダムジャパン優勝馬のマンボビーンや南関にも所属したエンタノメガミがいます。

今年は、笠松からキャリア豊富で園田プリンセスカップ2着のフラッシュモブ、前走ライデンリーダー記念を優勝したヨシノミカエル、ロアーズオブザシー、ポアントの4頭が参戦しました。
20140122-2.jpg 20140122-1.jpg 20140122-4.jpg 20140122-3.jpg
(左からフラッシュモブ、ヨシノミカエル、ロアーズオブザシー、ポアント)

また女性ジョッキー木之前葵騎手(ポアント騎乗)が園田初参戦ということで、地元では話題に?なりました。
ポアント 木之前葵

迎え撃つ地元兵庫勢は、2歳重賞2着のオープンベルトや4着のトーコーニーケ、園田ジュニアカップ4着のユノエスケープら出走しました。
20140122-5.jpg
(トーコーニーケ)

レースは2番手で競馬を進めたトーコーニーケが、4角から先頭に立ち完勝。鞍上の川原騎手は新春賞に続く重賞2連勝。2着には直線追い込んだオープンベルトが入りました。1番人気フラッシュモブは中団後方から伸びきれず3着でした。
1週目 トーコーニーケゴール 園田プリンセスカップ 口取り

(1周目、ゴール前)

続く次の日23日は、笠松競馬場で3歳牡馬の選定競走ゴールドジュニア(SP1)が行われました。このレースは皐月賞トライアルレースへの出走権をかけたブロック選定競走で、過去にはオグリキャップやミツアキサイレンス、ラブミーチャンも優勝したこともあるレースで、今回で38回目になります。
ラブミーチャンA1
(ラブミーチャン:ゴールドジュニア出走時 2010/02/12)
兵庫からは園田ジュニアカップ2着のトーコーガイア、道営、愛知にも所属したこともあるサウスウインドが、金沢からアオバサクラ、笠松からはカツゲキイチバン、パドドゥら10頭が参戦して競馬が行われました。
トーコーガイア サウスウインド カツゲキイチバン パドトゥ
(左からトーコーガイア、サウスウインド、カツゲキイチバン、パドトゥ)

レースは、サウスウインドが逃げて、ミスノブタ、イービーカリーノが追う展開。人気のカツゲキイチバン、トーコーガイアは中団から。三コーナーからトーコーガイアが仕掛けて直線でサウスウインド交わして快勝。逃げたサウンウインドが2着、3着はカツゲキイチバンでした。
1週目 ゴール前・ゴールドジュニア
(1周目、ゴール前)

トーコーガイアは重賞初制覇でポセイドン、ニーケに続いて3歳トーコー軍団3頭目の重賞勝ち馬。兵庫、笠松ともトーコー軍団が制覇。これからもトーコー軍団の今後の活躍を期待したいですね。
口取り ゴールドジュニア 表彰式 ゴールドジュニア
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チーム南関

Author:チーム南関
中川明美(競馬ブック記者)
辻井光多郎(日刊競馬記者)
小川慎介(フォトグラファー)
若松亮太(フォトグラファー)
山田環(ライター)

”チーム南関”が南関競馬の裏のウラまで?!話題を探して奔走します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR