fc2ブログ

古豪健在ランフォルセ ~第41回佐賀記念~

若松亮太です。報知オールスターカップを優勝したオオエライジンが佐賀記念に参戦ということで、佐賀競馬場まで行ってきました。

佐賀記念(統一JpnIII・D2000m)は、中央からエーシンモアオバー、ソリタリーキング、フリートストリート、ランフォルセ、ナムラタイタンの5頭、地方他地区から、オオエライジン、ホクセツサンデー、トウホクビジンが参戦し、計12頭で競馬がおこなわれました。

■パドック
(馬番順)
1-ソリタリーキング2-エーシンモアオバー3-ホクセツサンデー4-ナムラタイタン5-メイショウホップ

6-プルプル7-デュナメス8-ランフォルセ9-フリートイストリート10-マイウェイ

11-オオエライジン12-トウホクビジン

スタート後スッと内からエーシンモアオバーが先頭に。続く2番手の内にナムラタイタン、外にフリートストリート、デュナメスと続く展開。外めにオオエライジン、ソリタリーキング、ランフォルセ続いて1周目のゴール前へ。

■1周目直線
1周目直線

■オオエライジン
1周目オオエライジン

2周目の向こう正面からランフォルセが動き出すと、それに続いて前にいたオオエライジンが3コーナーで先頭に並びかけ、押し切るかに見えたところを4コーナーで外からきたランフォルセが直線一気に差しきり優勝。内で溜めていたソリタリーキングが再度伸びてエーシンモアオバーを突き放しての2着。4角手前までなかなか外に出せなかったナムラタイタンが、直線追い込んで3着。
オオエライジンは直線先頭に並びかけるも伸びきれず5着でした。

■2周目直線
2周目直線

■ゴール
ゴール前


■引き上げてくるランフォルセと戸崎騎手
引き上げるランフォルセ

■口取り
佐賀記念口取り

■表彰式
佐賀記念表彰1佐賀記念表彰2佐賀記念表彰3

また佐賀記念当日は1レース前にJRA交流競走で九州産馬限定の佐賀重賞(SⅠ・09R)たんぽぽ賞がおこなわれ、JRAからカシノタロン、テイエムサンキュウ、カシノレント、テイエムボッケモンが、カシノミント、キリシマホーマが、また兵庫からはテッペンが、また地元からはアヤテルハ、ハシレクマ、クラトリアゲイン、ハヤテコマチが参戦し競馬がおこなわれました。
■パドック
(ハシレクマ、テイエムサンキュウ、テイエムボッケモン、テッペン)
4-テイエムサンキュウ8-テイエムボッケモン9-テッペン

レースは、スタート後出遅れたテイエムボッケモン(牡馬3歳・古川騎手)が、後方追走から直線手前で勢いよく抜け出すと圧勝。2着はテイエムトッキュウ。
テイエムボッケモンは8戦目での初勝利。

■ゴール前(テイエムボッケモン)
たんぽぽ賞ゴール前

■引き上げてくるテイエムボッケモンと古川騎手
たんぽぽ賞テイエムボッケモン


最後に佐賀競馬場といえば、ちゃんぽんや1万台の車が駐車できる、栄光のゴールまで××mという実況などなど色々ありますが、今は、九州新幹線の新鳥栖駅からタクシーで10分程度の好立地にある競馬場というのが、ウリになるのではないでしょうか。関東からも新幹線なら日帰りで見ることも可能です。新幹線と併せて競馬場を楽しんでみると良いかもしれません。
■龍ラーメンのちゃんぽん
IMG_6779.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チーム南関

Author:チーム南関
中川明美(競馬ブック記者)
辻井光多郎(日刊競馬記者)
小川慎介(フォトグラファー)
若松亮太(フォトグラファー)
山田環(ライター)

”チーム南関”が南関競馬の裏のウラまで?!話題を探して奔走します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR