fc2ブログ

羽田盃圧勝で、まずは1冠目

若松です。今回は少し前ですが、南関東三冠レースの1戦目羽田盃の写真をお届けします。
4月23日大井競馬場でおこなわれた第59回羽田盃(3歳・ダート1800m)は、ハッピースプリント(牡馬3歳)が人気に応え優勝しました。

1番人気に指示されたハッピースプリントは、スタート後3番手で競馬をすすめ3コーナーから徐々に進出し、直線で先頭に並びかけると200m付近で一気に加速し、2着の3番人気ドバイエキスプレスに5馬身差をつけて圧勝しました。
鞍上は金沢から駆けつけた吉原寛人騎手。

■ハッピースプリントとドバイキスプレス
ハッピースプリント返し馬 ドバイエキスプレス返し馬

■1周目ゴール前ハッピースプリント
1周目ゴール前


■2周目直線
2周目直線

■ゴール前
ゴール

ハッピースプリントは牡馬3歳 父:アッミラーレ 母:マーゴーン。浦河の辻牧場生産の
元道営馬で、大井の森下淳平厩舎所属、昨年度川崎の全日本2歳優駿優勝馬。重賞勝ちは、
サンライズカップ(H2)、北海道2歳優駿(JpnIII)、全日本2歳優駿(JpnI)、京浜盃(S2)
に続く重賞5勝目でダートでは無敗の9戦7勝。続く6月4日の東京ダービー、ジャパンダー
トダービーを優勝しての3冠達成を期待したいところです。

■戻ってくるハッピースプリント
戻ってくるハッピースプリント1 ハッピースプリントと吉原騎手

■口取り
口取り1 口取り2 口取り3


■表彰式
羽田盃表彰式1 羽田盃表彰式2


■うまたせ君・ウマタセーヌと吉原騎手
羽田盃表彰式3
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チーム南関

Author:チーム南関
中川明美(競馬ブック記者)
辻井光多郎(日刊競馬記者)
小川慎介(フォトグラファー)
若松亮太(フォトグラファー)
山田環(ライター)

”チーム南関”が南関競馬の裏のウラまで?!話題を探して奔走します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR