fc2ブログ

~SSS2014最終戦~ 船橋・習志野きらっとスプリント(SⅢ)

ごぶさたしてます、小川です。梅雨明けして夏本番ですが、人馬ともに暑さがつらい時期でもあります。みなさまも熱中症には十分、お気をつけください。今回は「スーパースプリントシリーズ2014」の最終戦、習志野きらっとスプリント(SⅢ)について取り上げます。

 「スーパースプリントシリーズ」(以下、SSS)は、2011年に創設された地方競馬の短距離王決定戦。各地区のトライアル競走を勝ち上がった馬たちが、船橋競馬場で行なわれる最終戦の「習志野きらっとスプリント(SⅢ)」に集結し、№1を決定します。

 第1回の優勝馬は、笠松のラブミーチャン。2009年と2011年のNARグランプリ最優秀馬の同馬は、2013年まで名古屋でら馬スプリントと習志野きらっとスプリントを3連覇し、短距離№1として君臨しました。

 ラブミーチャン 1 ラブミーチャン 2 ラブミーチャン

 3連覇のラブミーチャンは、昨年の金沢JBCの直前に故障し、引退。今年は果たしてどの馬がチャンピオンになるのかに注目が集まった、第4回習志野きらっとスプリント。今年は、各地区の優勝馬がいずれも出走し、短距離王決定戦にふさわしい一戦となりました。

  アウヤンテプイ 門閥グランシャリオスプリント優勝馬:アウヤンテプイ[北海道]
  ユーリカ 川崎スパーキングスプリント優勝馬:ユーリカ[船橋]
  ワールドエンド 名古屋でら馬スプリント優勝馬:ワールドエンド[名古屋]
  S1プリンス 園田FCスプリント優勝馬:エスワンプリンス[佐賀]

 トライアル優勝馬以外にも、船橋記念3連覇のナイキマドリードや、古豪コアレスピューマ、昨年の川崎スパーキングスプリントを制したアイディンパワー、昨年の南関東短距離戦線で活躍したハードデイズナイトなど、短距離戦で実績十分な馬たちが出走し、豪華なメンバーとなりました。

  キモンレッド キモンレッド  ショコラヴェリーヌ ショコラヴェリーヌ
  アイディンパワー アイディンパワー  ナイキマドリード ナイキマドリード
  ハードデイズナイト ハードデイズナイト  コアレスピューマ コアレスピューマ
  トウホクビジン トウホクビジン

 1番人気は、名古屋のワールドエンド。2番人気にはユーリカが支持され、以下、ナイキマドリード、アウヤンテプイ、エスワンプリンスと、トライアル優勝馬が上位人気に支持されました。

 スタートして飛び出したのは、ユーリカとワールドエンドの人気2頭。前を追走する形でショコラヴェリーヌとアウヤンテプイが先行し、ナイキマドリード、エスワンプリンスらは中団を追走。アイディンパワー、ハードデイズナイトらは、後方からの競馬でレースは進みます。

 直線に入ると、ユーリカがワールドエンドを振り切り先頭に立つも、脚色はいっぱいに。なんとか粘りこみを図りますが、ゴール前でショコラヴェリーヌが捕えにかかり、外からは、道中、中団からレースを進めたナイキマドリードが一気の差し脚で迫ります。

  レース 1 逃げ込みを図るユーリカ(画面いちばん右)

 最後は、ナイキマドリードが一気の差し切りで優勝。2着には逃げ粘るユーリカを捕えたショコラヴェリーヌが入線しました。

  レース 2 レース 3 外から差し切りを決めたナイキマドリード
  レース後 2  第4回習志野きらっとスプリント(SⅢ) 結果

 トライアル優勝馬は、アウヤンテプイが4着、エスワンプリンスが7着。1番人気に支持されたワールドエンドは9着という結果に終わりました。

 優勝したナイキマドリードは、これが8つ目の重賞タイトル。習志野きらっとスプリントは、初の参戦での優勝となりました。

  口取り 1 口取り 2 口取り 3 口取り

 表彰式には、宮本習志野市長、習志野市イメージキャラクターのきらっとくんも登場したほか、2014年度ミス日本の沼田萌花さんがプレゼンターを務められました。

  表彰式 1 表彰式 2 表彰式 3 表彰式

 川島正行調教師、川島正太郎騎手は、ともに習志野きらっとスプリントは初制覇。

  川島正行調教師 川島正行調教師  川島正太郎騎手 川島正太郎騎手
  舟山浩厩務員 担当する舟山浩厩務員

 優勝したナイキマドリードは、船橋コースの1000m戦は7戦4勝2着1回と相性のいいコース。2着は船橋で行なわれたJBCスプリントで、3勝は船橋記念3連覇。今年で8歳のナイキマドリードですが、古豪健在をアピールした一戦となりまいsた。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チーム南関

Author:チーム南関
中川明美(競馬ブック記者)
辻井光多郎(日刊競馬記者)
小川慎介(フォトグラファー)
若松亮太(フォトグラファー)
山田環(ライター)

”チーム南関”が南関競馬の裏のウラまで?!話題を探して奔走します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR