fc2ブログ

牝馬エーシンサルサが57kgで完勝! ~第46回摂津盃~

若松です。今回は南関ではなく、園田真夏の名物ハンデレース第46回摂津盃(8/15・園田ダート1700m)をお届けします。
摂津盃はアラブ限定の真夏のハンデレースでしたが、2003年からはサラブレッドにも解放されました。
摂津盃はお盆暑い時期、時間帯に行われてましたが、2012年からその金ナイター開催になり、以前よりかなり過ごしやすい中観戦することができます。

さて今回の摂津盃は、登録あった2014年かきつばた記念優勝馬で、さきたま杯7着のハンデ頭(59kg)タガノジンガロがサマーチャンピオン(佐賀)に向かうため回避し、57kgのエーシンサルサが牝馬ながらトップハンデ馬に。エーシンサルサは4月のA1特別から5連勝中で、7月の読売レディス杯では愛知のピッチシフター、大井のキモンレッド、船橋のエミーズパラダイスら実力馬を相手に快勝。前走兵庫サマークイーン賞でも船橋のアスカリーブル、摂津盃と同日に行われた笠松のくろゆり賞を制したタッチデュールらに7馬身差をつけて圧勝と、出走メンバーではダントツの戦績で1番人気に支持されました。
■エーシンサルサ
9_エーシンサルサ

2番人気は、前走名古屋の快速牝馬ピッチシフターに続く2着に入ったブルースイショウ。
■ブルースイショウ
12_ブルースイショウ

3番人気は、園田3戦目のアランロド、4番人気には母がエリモシックという良血馬サトノフェニックスで、
一線級がそろったとは言えませんが、今後の期待ができそうな馬達がそろいました。
■アランロド、サトノフェニックス
6_アランロド 2_サトノフェニックス

■その他出走馬
エリモアラルマ、リジョウクラウン、マイアヴァロン、ハイパーフォルテ
3_エリモアラルマ 4_リジョウクラウン 5_マイアヴァロン 7_ハイパーフォルテ

ツルマルホクト、ラッキーフラワー
8_ツルマルホクト 10_ラッキーフラワー
レースは、スタート後勢いよく気合いをつけて一気にハナを主張した木村騎手騎乗のエーシンサルサが、先頭に。
2番手は、マイアヴァロン。続いてラッキーフラワー、内にサトノフェニックスが、外にツルマルホクトが続いてスタンド前へ。

■スタート後
100_スタート

スタンド前で、園田特有のゆったりしたペースに持ち込んだエーシンサルサが先頭で馬群がぎゅっと詰まります。
2番人気のブルースイショウは、後方3番手で、6番人気にで新春賞2着のエリモアラルマが最後方。

■1周目スタンド前
101_1周目ゴール前

向こう正面3角手前で一気にペースアップ。後方馬がしごきながらペースアップを図るも、少し気合いを入れたエーシンサルサは持ったまま。直線に入ってもペースが落ちることなく、どんどん後方を引き離して2着に6馬身差をつけてゴール。57kgのトップハンデを背負った牝馬エーシンサルサの強さが目立ったレースで、また8月16日が誕生の木村騎手は、一日早いバーステー勝利となりました。
2着は、向こう正面で外に出して大まくりで突っ込んできたサトノフェニックス。3着は、3番手からサトノフェニックスとともに上がってきたツルマルホクトでした。

■ゴール
102_2周目ゴール手前 103_ゴール(エーシンサルサ)

エーシンサルサは3歳時菊水賞に出走し11着。その後1年ほど条件戦に出走。今年に入ってオープン入りし6勝の4歳牝馬。
グランダムジャパン2014古馬シーズン20Pで現在トップです。(8/22現在)次走は、グランダムジャパン7戦目の9/15名古屋の秋桜賞に出走予定で、
3歳シーズンのトーコーニーケに続く、兵庫勢のグランダムジャパン優勝を狙います。

■口取り
106_口取り

■表彰式(園田応援大使ちっちゃいおっさんとおばはんも登場)
107_木村騎手 108_記念写真

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チーム南関

Author:チーム南関
中川明美(競馬ブック記者)
辻井光多郎(日刊競馬記者)
小川慎介(フォトグラファー)
若松亮太(フォトグラファー)
山田環(ライター)

”チーム南関”が南関競馬の裏のウラまで?!話題を探して奔走します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR