fc2ブログ

~南関東牝馬クラシック開幕~ 浦和・第61回桜花賞(SⅠ)

小川です。桜も満開となり、現在はお花見真っ盛りの関東地方。今週末は、桜の名所でお花見もピークを迎えることかと思います。関東地方では桜の開花より若干早く、南関東牝馬クラシック1冠目の桜花賞が行われました。

 浦和競馬の1600mを舞台に行われる桜花賞は、今年が61回目。南関東牝馬クラシックの1冠目の競走であると同時に、2010年からはグランダムジャパン3歳シーズンの指定競走となり、地方競馬全国交流となりました。過去の主な優勝馬は、ロジータ、コトブキトミオー、ダイアモンドコア、ナミ、ラヴァリーフリッグ、チャームアスリープ、ショウリダバンザイなどがいます。繁殖入り後、のちに名牝となったロジータをはじめ、東京ダービー馬セントリックの母となったコトブキトミオーや、羽田盃を制したナイキハイグレードを輩出したダイアモンドコアなど、母として脚光を浴びる馬たちも、その名を連ねています。

 今年の桜花賞は、兵庫から10戦8勝の成績を引っさげてトーコーヴィーナスが満を持して遠征。敗れた2戦は、不利があった兵庫ジュニアグランプリと牡馬のインディウムに敗れた園田ジュニアカップで、牝馬にはまだ先着を許していないこともあり、最終的に桜花賞で2番人気の支持を集めました。

  ③トーコーヴィーナス 1_1 ③トーコーヴィーナス 3_1 ③トーコーヴィーナス

 南関東からは、トライアル競走の桃花賞を制したアクティフこそ出走しなかったものの、桃花賞2着馬のカリエンが出走。同じくトライアル競走のユングフラウ賞をからは、ハナ差でトライアルを制し、3連勝で桜花賞に臨むスターローズ、同レース2着のリボンスティック、3着のトーセンマリオンの優先出走権組が揃って出走したほか、4着のアイスキャンドルと5着のゼッタイリョウイキもエントリーし、上位馬が揃って出走。そのほか、昨年の東京2歳優駿牝馬を制したララベルは休み明けでの出走となったほか、東京2歳優駿牝馬2着で、前走はJRAのクイーンカップに遠征したティーズアライズも出走し、南関東の牝馬一線級がほぼ出揃いました。

  ④カリエン 1_1 桃花賞は2着 ④カリエン

 ユングフラウ賞組は上位陣が揃って出走。

  ⑧スターローズ 2_1 ユングフラウ賞優勝馬 ⑧スターローズ
  ①リボンスティック 1_1 同2着 ①リボンスティック
  ⑥トーセンマリオン 2_1 同3着 ⑥トーセンマリオン
  ②アイスキャンドル 1_1 同4着 ②アイスキャンドル
  ⑨絶対領域 1_1 同5着 ⑨ゼッタイリョウイキ

 東京2歳優駿牝馬の上位2頭も、それぞれのローテーションで桜花賞に登場。

  ⑤ララベル 4_1_1 休み明けで桜花賞に臨む ⑤ララベル
  ⑪ティーズアライズ 1_1 前走はJRA遠征 ⑪ティーズアライズ

 上位人気は締切直前まで拮抗していましたが、最終的に1番人気に推されたのはユングフラウ賞馬スターローズ。僅差の2番人気には、兵庫から遠征のトーコーヴィーナス、3番人気には、休み明けで桜花賞からの始動となったララベルが支持されました。

 レースは、好スタートからすんなり先手を取ったトーコーヴィーナスがハナに立ちますが、二の脚が早く、ララベルがほどなく2番手のポジションを取り、トーコーヴィーナスをマークする形で直線に入ります。セイエイシャルム、リボンスティック、アイスキャンドル、ゼッタイリョウイキらが先行集団を形成し、カリエン、ティーズアライズは中団の位置取り。トーセンマリオン、スターローズは後方からの競馬で1コーナーへと向かいます。

  レース 1_7_1 レース 2_4_1 1周目のスタンド前

 向正面に入ってもトーコーヴィーナスが軽快に逃げるものの、ララベルがピタリと追走。後方グループの馬たちも、ここで仕掛け始めます。3コーナーに差し掛かる頃には、前を行く2頭を追う先行グループも遅れ始め、その差は広がる一方。後方グループの馬たちも、ポジションを上げられずに伸びを欠きます。4コーナーから直線に入ると、早くもトーコーヴィーナスとララベルのマッチレースの様相に。直線は2頭の叩き合いとなりますが、満を持して追い出したララベルが粘るトーコーヴィーナスを半馬身差したところがゴール。休み明けながら、見事に南関東1冠目を制しました。

  レース 4_1  浦和・第61回桜花賞(SⅠ) 結果

  ララベルは、ローレル賞(SⅢ)、東京2歳優駿牝馬(SⅠ)に続き、重賞3勝目。休みあけを挟み、3連勝で桜花賞戴冠となりました。

  口取り 4_1 口取り 5_1 口取り 7_1 口取り 9_1

 表彰式では、埼玉県浦和競馬組合の管理者の上田清司(きよし)埼玉県知事も参列し、プレゼンターを務めました。

  表彰式:賞金授与_1 賞金を授与する上田県知事

  表彰式 2_1 イメージキャラクターの愛華みれさんも交えての記念撮影

  表彰式:真島大輔騎手_1 真島大輔騎手は、ショウリダバンザイ以来となる桜花賞制覇

 「休み明けでしたが、頭がよくて競馬が分かる馬。勝負根性のすごい馬で、併せ馬になっても負けないと思っていました。」と語る真島騎手。

 「正直、休み明けで、今回は無事に回ってきてくれればと思っていたので、この馬の強さには驚きました。もう状態は上がるだけなので、東京プリンセス賞に向けて調整したい。」と、既に次走を見据えている荒山勝徳調教師。

 ララベルの次走は東京プリンセス賞を予定。東京プリンセス賞を制し2冠なるか、注目が集まります。いっぽう、惜しくも2着に敗れ、他地区所属馬初の桜花賞制覇とならなかったトーコーヴィーナスですが、地元ののじぎく賞を目指す予定とのことです。

 桜花賞といえば、トライアル競走のユングフラウ賞を制した馬が優勝できないというデータがありますが、過去にユングフラウ賞優勝馬で桜花賞を制したのは、2003年のメモリヒメのみ。今年はスターローズが1番人気の支持を集め挑みましたが、道中の反応も鈍く、見せ場なく9着と敗れ、桜花賞制覇となりませんでした。果たして来年は、ユングフラウ賞優勝馬が桜花賞を制するのか?こちらも注目したいところです。

 ララベル[牝3] 大井・荒山勝徳厩舎

  父:ゴールドアリュール 母:ブリージーウッズ(母の父:ティンバーカントリー)

  生産者:社台ファーム(北海道千歳市)
  馬主:吉田照哉 氏
  通算成績:5戦4勝(重賞:2014年ローレル賞・東京2歳優駿牝馬 2015年桜花賞)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チーム南関

Author:チーム南関
中川明美(競馬ブック記者)
辻井光多郎(日刊競馬記者)
小川慎介(フォトグラファー)
若松亮太(フォトグラファー)
山田環(ライター)

”チーム南関”が南関競馬の裏のウラまで?!話題を探して奔走します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR