fc2ブログ

~各地のスプリンターが勢揃い~ 第9回笠松グランプリ(SPⅠ)

今年で9回目を迎えた、「笠松グランプリ」。「笠松グランプリ」としてはまだ9回目の実施と歴史が浅いですが、前身となったのは地方競馬全国交流競走として1988年に創設された、「全日本サラブレッドカップ」。当時は、サラブレッド系古馬の地方競馬全国交流競走は、オールカマー(JRA)と帝王賞(大井)しかない時代でした。設立当初は2500mで行なわれていましたが、1994年に休止。1997年にダートグレード競走として1400m戦にリニューアルされ復活しました。2005年にダートグレード競走から、東海・北陸・近畿地区のブロック交流重賞と変更され、「全日本サラブレッドカップ」から、「笠松グランプリ」へと名称が変更。2006年からは中国地区も交流ブロックに加わりましたが、2012年から地方競馬全国交流に範囲を拡大し、現在に至っています。

 「笠松グランプリ」として行なわれるようになってからは、各地区を代表する馬たちが参戦し、優勝馬にその名を連ねています。2005年の第1回は、金沢のホワイトサイクロンが優勝。2006年には地元のミツアキタービン、2007年は兵庫のベストタイザン、2010年にはマルヨフェニックスが優勝しているほか、2011年と2012年は、エーシンクールディが牝馬として初優勝を挙げており、さらには初の同レース連覇を成し遂げています。昨年は、エーシンクールディ、ラブミーチャンと笠松を代表する2頭のワンツーフィニッシュで決着し、エーシンクールディが連覇達成で自身の引退に華を添えました。

  20121124014338a51.jpg 20121124014337d1c.jpg 昨年の笠松グランプリ

 今年も、各地区のスプリンターが勢揃いした「笠松グランプリ」。他地区5頭、東海地区から5頭のフルゲート10頭で争われました。

  ①S1プリンス 2_1 母は佐賀の快速牝馬 佐賀:エスワンプリンス

  ③エプソムアーロン 3_1 高知~兵庫を経て復活 兵庫:エプソムアーロン

  ②ヤサカファイン 2_1_1 実績十分で昨年に続き参戦 大井:ヤサカファイン

  ⑤コアレスピューマ 2_1 スプリント界の古豪 船橋:コアレスピューマ

  ⑩ナターレ 1_1 盛岡に続き連勝を狙う 川崎:ナターレ

  ⑥エーシンジェイワン 1_1 JRAオープン馬で今回が移籍初戦 笠松:エーシンジェイワン

  ⑦タッチデュール 2_1 前走、園田で重賞制覇。勢いに乗る 笠松:タッチデュール

 ゲートが開くと、ナターレがスタートでタイミングが会わず、先手が取れずに1コーナーへ。先手を取ったのは、佐賀のエスワンプリンス。ナターレは外にエスワンプリンスがもたれてしまったため、併走する形で2番手に。「エスワンプリンスがもたれて、前に出れなかった。(スタートで)行ききれば、最後は残れたと思う。」と、レース後、鞍上の吉原寛人騎手がコメントしていただけに、この位置取りが、後に大きく響くことになります。2頭の直後には、1番人気の支持を集めた地元の期待馬エーシンジェイワンがつけ、ヤサカファインがこれに続き、ひと固まりとなってレースは進みます。地元のタッチデュールと船橋のコアレスピューマ、兵庫から参戦のエプソムアーロンは後方からの競馬となりました。

  レース 1_1 レース 2_1_1 1周目のゴール前

 第3コーナーに差し掛かると、先行した2頭にコアレスピューマが迫り、最後の直線へ。コアレスピューマと2番手にいたナターレが追うも、ナターレは併走に持ち込むまでが精いっぱい。コアレスピューマも交わすことができず、そのままエスワンプリンスが逃げ切り優勝。1馬身差の2着にはナターレ、さらにアタマ差の3着にはコアレスピューマが入線。遠征馬が上位を独占という形となりました。JRAオープンクラスからの転入で、1番人気の支持を集めた地元の期待馬エーシンジェイワンは、4着入線のエプソムアーロンにクビ差及ばずの5着という結果に終わりました。

  レース 4_1 口取り_1 優勝はエスワンプリンス(佐賀)

 これまで、大井の黒潮盃、笠松で行なわれたオッズパークグランプリでそれぞれ3着という実績のあるエスワンプリンスでしたが、今回、ようやく遠征競馬での重賞のタイトルを手にしました。

  表彰式:鮫島騎手 1_1 見事、優勝に導いた鮫島克也騎手

  表彰式:手島調教師 1_1 管理する手島勝利調教師

 優勝したエスワンプリンスは、これで19戦14勝2着3回3着2回。地元で飛燕賞、九州ダービー栄城賞、ロータスクラウン賞などの重賞を制しているものの、遠征競馬での重賞はこれまで2度挑戦し、いずれも3着。3度目の挑戦で、ようやく地方競馬全国交流重賞のタイトルを手にしました。「佐賀にエスワンプリンスあり」を印象づけた、今年の笠松グランプリ。今後は佐賀競馬を背負う存在として、さらなる活躍を期待したいところです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チーム南関

Author:チーム南関
中川明美(競馬ブック記者)
辻井光多郎(日刊競馬記者)
小川慎介(フォトグラファー)
若松亮太(フォトグラファー)
山田環(ライター)

”チーム南関”が南関競馬の裏のウラまで?!話題を探して奔走します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR