FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ 伝統の重賞は記録ずくめの一戦に ~ 大井・第61回大井記念(SⅡ)

小川です。まだ5月の後半ですが、気候は既に初夏といえる日々。体調を崩しやすい時期でもあるので、みなさまも体調管理にはお気を付けください。今回は、大井競馬伝統の重賞の大井記念(SⅡ)を取り上げます。

 大井記念の歴史と昨年のレースについては、昨年の記事をご参照ください。

 今年もフルゲートとなった大井記念。16頭中8頭が重賞ウイナーという豪華な顔ぶれでしたが、キスミープリンスとモンテエンが競走除外となったため、14頭立てに。1番人気は、昨夏に南関東移籍後、堅実な成績のケイアイレオーネ[大井]。2番人気は、今年の金盃の優勝馬で高知の赤岡修次騎手を起用したジャルディーノ[大井]。3番人気は、昨年のマーキュリーカップを制し、金沢の吉原寛人騎手で臨むユーロビート[大井]。4番人気には、昨年、笹川翼騎手に初重賞をもたらしたムサシキングオー[大井]と、大井勢が人気を集めました。

今年の出走馬

 ①グランディオーソ 1_2_1 ②ケイアイレオーネ 1_2_1 ③ノーキディング 1_1 ④カキツバタロイヤル 1_1
 ⑤トーセンアレス 1_1 ⑥ジャルディーノ 1_1 ⑦ムサシキングオー 1_1 ⑧スコペルタ 1_1
 ⑩フォーティファイド 1_1 ⑪フジノフェアリー 1_1 ⑫ナリチュウドラゴン 1_1 ⑭ユーロビート 1_1
 ⑮ストゥディウム 1_1 ⑯クラージュドール 17_1

 14頭、大きな出遅れもなくスタートした今年の大井記念。ノーキディングとムサシキングオーが並びますが、ハナに立ったのはノーキディング。2頭の直後にケイアイレオーネがつけ、ユーロビート、スコペルタ、ジャルディーノがそれを見る形での位置取りで、人気馬は前々からの競馬。出走馬中、唯一の4歳馬で昨年の羽田盃馬のストゥディウムは、後方からじっくりと前を見る形でレースを進めます。

  レース_1_1 1周目のゴール前

 向正面に入ってからも、一団で馬群が詰まった状態でレースは続きますが、3コーナーでケイアイレオーネが逃げるノーキディングに並びかけ、4コーナーで先頭に。ジャルディーノもこれをみて動きますが、ケイアイレオーネとの差を詰められないまま直線に入ります。

 直線に入ると、後続との差を一気に広げたケイアイレオーネ。これを追うジャルディーノも仕掛けますが、ケイアイレオーネとの差は広がるいっぽうで、残り200mではケイアイレオーネが独走。ユーロビートも直線でじわじわと上がってきましたが、時すでに遅しでクラージュドールとの2着争いまで。

 終わってみれば、ケイアイレオーネが4馬身の差をつけ、南関東移籍後、待望の重賞初制覇。鞍上の的場文男騎手は、大井記念はこれで9勝目。管理する佐宗応和調教師は、これが初の重賞制覇。さらに、的場文男騎手は自身の持つ地方競馬最高齢重賞勝利を自ら更新し、これが59歳8ヶ月と11日での重賞制覇と、記録ずくめの大井記念となりました。

  レース 3_1_1  大井 第61回大井記念(SⅡ) 結果

 南関東移籍後、重賞では堅実も、なかなかタイトルに手が届かなかったケイアイレオーネ。今までの鬱憤を晴らすような快勝で重賞初制覇。

  口取り 2_1 口取り 3_1 表彰式:記念撮影_1

 管理する佐宗応和調教師は、騎手時代は1996年にオグリダンディで全日本3歳優駿、1998年にクリオネーでトゥインクルレディー賞などを制覇。2007年5月に引退し、2008年6月に厩舎を開業。2008年10月に開業初勝利を挙げますが、初勝利をもたらしたのは的場文男騎手。そして、今回の重賞初制覇をもたらしたのも的場騎手でした。

  表彰式:佐宗調教師 1_1 佐宗応和調教師

  表彰式:的場文男騎手 2_1 通算6,900勝も見えてきた的場文男騎手

 今回の勝利で、重賞での惜敗にピリオドを打ったケイアイレオーネ。2歳時には兵庫ジュニアグランプリ(JpnⅡ)を制し、3歳時には海外に遠征しUAEダービーにも挑戦と、期待の大きかった馬。南関東移籍後は堅実な走りを見せているので、今後も南関東重賞戦線での活躍が楽しみな1頭です。

的場 文男 騎手 過去の大井記念優勝馬 

 1983年(第28回) ミサキネヴァー[大井]
 1987年(第32回) ダツシユホウシヨウ[大井]
 1992年(第37回) ハシルショウグン[大井]
 1993年(第38回) ハシルショウグン[大井]
 1998年(第43回) カワノスパート[大井]
 1999年(第44回) ゴールドヘッド[大井]
 2001年(第46回) ドラールアラビアン[大井]
 2005年(第50回) ケージーチカラ[大井]
 
 今回も含め、9勝すべてが大井所属馬での勝利というのも、珍しい記録ですね。


ケイアイレオーネ[牡6]  大井 佐宗 応和 厩舎

 父:Henny Hughes 母:モストリマーカブル(母の父:Marquetry)

 生産者:富田牧場(北海道浦河郡浦河町)
 馬主:亀田 和弘 氏
 通算成績(2016年5月18日現在):25戦6勝(内 JRA 18戦4勝)
 
重賞勝ち鞍

 2012年11月29日 園田 兵庫ジュニアグランプリ(JpnⅡ) JRA所属時
 2013年9月28日 JRA阪神 シリウスステークス(GⅢ) JRA所属時
 2016年5月18日 大井 大井記念(SⅡ)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チーム南関

Author:チーム南関
中川明美(競馬ブック記者)
辻井光多郎(日刊競馬記者)
小川慎介(フォトグラファー)
若松亮太(フォトグラファー)
山田環(ライター)

”チーム南関”が南関競馬の裏のウラまで?!話題を探して奔走します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。